サティスファイヤ ワンナイトスタンド  簡易的でも脈動刺激を堪能できる本格仕様

責めのアイテム




■サティスファイヤ ワンナイトスタンド









新しいスタイルを予感させる使い切りタイプ
簡易的でも脈動刺激を堪能できる本格仕様


始祖であるWomanizer(ウーマナイザー)を退け、今やクリ吸引グッズの本命ブランドとなったSatisfyer(サティスファイヤ)より、早くも2020年最大のヒットを予感させるニューモデルが登場しました。

今度のサティスはなんと“使い捨て仕様”。

1000円ちょいでクリ吸引の素晴らしい快感が味わえる、体験版のような位置づけです。

手のひらサイズの本体には単四電池2本が内蔵されており、電池交換はできないものの、約90分もの連続稼動を実現しています。

簡易的なモデルだけあって非防水ですし、動作パターンなどの機能面はいろいろと削ぎ落とされていますが、当然ながら一番大事な吸引性能はバッチリ守られています。

スイッチを入れると、シリーズ特有のドクドクとした脈動がスタート。

同時に発生する微振動もちゃんと伝わってきて、レギュラーモデルと遜色ない快感を楽しめるあたりは、まさに“体験版”として理想的かと思いました。

ただ…さすがに出力はMAXにしても「サティスファイヤ Pro2」などの既存充電モデルに敵わず、パワーは4割減くらいのイメージ。

それでも性能やユーザビリティにほとんど不満はなく、プロの目で判断しても大体2480円くらいの価値はあるように感じましたので、使い捨てとはいえ素晴らしいコスパじゃないでしょうか。

ぶっちゃけ…これくらいの金額なら、複数のパートナーがいる男性でも、それぞれのお相手へ気軽に買ってあげられますし、貰った女性側もアルミパックを開封して使うため、安心感が違いますよね。

さらにアダルトグッズを所有すること自体に精神的な抵抗を覚える女性や、住環境の事情などで保管にリスクを伴うユーザーにとっても、こうした安価な使い切りモデルは好都合。

もしかしたら、近い将来…アダルトグッズは“所有するモノ”から、コンドームなどと同じ“消費するモノ”へとシフトしていくんじゃないか、という可能性すら感じました。

クリ吸引グッズが未経験で、興味はあるものの自分に合うかどうかが不安な方をはじめ、すでに愛用しているけど、外出先・旅行先などでもコッソリ使いたいなど、“サブ機”としてのニーズも満たしてくれる本作。

今後のアダルトグッズのあり方を占う意味でも、この“新しい価値観を伴った使い切りモデル”の売れ行きに、注目してみたいと思います。








■サティスファイヤ ワンナイトスタンド








0
タイトルとURLをコピーしました