簡単コンパクト高速ピストンマシン HSP-Strong  頼もしすぎるトルクでガン突きOK!

ディルド



■簡単コンパクト高速ピストンマシン HSP-Strong







頼もしすぎるトルクでガン突きOK!
高速運動を永遠に楽しめる吸盤付き


アウトビジョンのPxPxP(ピー・ピー・ピー)ブランドから、あの「簡単コンパクト高速ピストンマシン HSP-1(High Speed Piston 1)」のパワー特化バージョンが到着!

前作に不満を感じていた方は要チェックですね。

多くのピストン機構は、その可動域を外側に向けるだけで女性向けのピストンマシンとして応用でき、本作もそうしたアイデアから商品化に至っているものと想像します。

しかし…根本的な問題として、モーターやバッテリーを内蔵した筒状の本体に、10cm以上のディルドを取り付けると、それだけ全長が伸びてしまい、どうしても使い勝手が悪くなります。

本作はそれを強力な吸盤パーツで解決しようと試みていますが、多少のフォローにはなっても決定打には届いておらず、やはり長尺ボディゆえの取り回しの悪さが目立つなぁ…というのが第一印象でした。

つぎにスイッチを入れてピストン駆動をチェック。

パワー特化型というだけあって頼もしいトルクを発揮し、ストローク幅も相変わらずたっぷり。

これなら動作中、ギュッと締め付けても止まってしまう心配はなさそうです。

ただし、本作は高速モーターを使用しているため、力強い反面、ゆっくり動くのが苦手。

パッケージには「低速/高速」の2段階と表記されていますが、現実的には「高速/超高速」と捉えた方がいいでしょう。

本体表面にはシリコン製のグリップが巻かれていて、手持ちで操作することも想定されています。

しかし、ピストンの反動がけっこう強いので、扱えないことはないものの、長時間プレイはちょっとキツそう…。

パートナーに持ってもらうにしても腕が疲れるでしょうし、それなら相手に好きなように動かしてもらった方が、遙かに刺激的・効率的です。

一応、吸盤を壁や床に貼り付けた状態でも確認してみましたが、予想通りディルド込みで40~50cmある全長が厄介。

跨がるにしてもバックで突かれるにしても、プレイ体勢を調整するのがなかなか大変なうえ、スタートしてからもあまり自由に動けないのがストレスでした。

前作同様、汎用性の高いよくできたピストンマシンではあるものの、相変わらず駆動音の大きさが気になりますし、全体的に予想の範疇に収まる完成度で、大きな進歩も見られません。

ただ…数少ないピストン式の電動モデルとしてはパフォーマンス、コスパともにまずまず良好。

まだまだ荒削りな感はありますが、この機構・仕様に残された課題はそのまま伸び代となるため、メーカーにはさらなるブラッシュアップを期待したいですね。






■簡単コンパクト高速ピストンマシン HSP-Strong






0
タイトルとURLをコピーしました