サティスファイヤ フィール  実用性ある月経カップで生理をもっと快適に

女子力アップ



■サティスファイヤ フィール








サティスファイヤだからこそ成し得た低価格
実用性ある月経カップで生理をもっと快適に


NLSでは2016年リリースの「スクーンカップ」以来、じつに4年振りとなる月経カップの新作です。

メーカーはクリ吸引グッズやバイブなどでお馴染みのSatisfyer(サティスファイヤ)

あの手この手で女性たちに快楽を与えてきたブランドが、今度はサニタリー用品の分野に踏み込んできたようです。

アンテナ感度の高い女性ならご存じかと思いますが、月経カップとはすでに欧米で一般的に利用されている“第3の生理用品”。

その仕組みはシリコン製のカップを膣に挿れて経血を溜める…というシンプルなもので、ナプキンやタンポンに比べ、交換の手間やランニングコストを抑えられるのが特長です。

慣れてしまえば装着したまま普通に生活できるので、生理中の煩わしさが著しく軽減。

加えて最長12時間も使えるため、職務中は自由にトイレに行けない、CAや女医さんなどから支持されているようです。

本作のバリエーションは3種類。

カラーとカップ形状がそれぞれ異なっているものの、素材硬度や容量に差はなく、性能的には横並びです。

パッケージを開けると中身はミシン目で封印されていて、未開封であることがひと目でわかる設計です。

こういう安心感を与えてくれる配慮も、女性の気持ちをわかっていますよね~♪

どのタイプも15mlと20mlの2サイズがセットになっており、膣サイズや経血量によって使い分けられます。

が、そもそもこのサイズは「スクーンカップ」のスモールよりも小さいため、ちょっと物足りない印象。

でもまぁ…1回の生理期間中に排出される経血量は、合計で大体20~140mlといわれていますから、一度の経血量があまりにも多くない限りは、十分実用に耐えられるんじゃないでしょうか。

カップ素材には医療グレードのシリコンを採用しており、何といっても柔らかいのがウリ。

スクーンカップ」よりも柔軟性に優れるため、装着中はカップの圧迫感も軽減されそうです。

念のため、普段から「スクーンカップ」を愛用している女性スタッフに、本作を試してもらったところ、「ツマミ部分の当たりがソフトで、装着時の負担が少ない」と大好評。

とりわけ、リングタイプの「コンフィデント(クリア)」は、取り出すときに指を引っ掛けられるのが便利なうえ、「乳白色のボディだから経血の色や状態がわかりやすい」とイチオシでした。

すでに欧米では25年以上の歴史があることからもわかるように、月経カップは日常生活に支障をきたすことなく、これまで生理中は諦めていた入浴やスポーツも可能にしてくれる、とても便利なアイテムです。

しかし…やはり慣れないうちは装着に時間が掛かりますし、体格や個人の嗜好・フィーリングによって合わない方も当然います。

何よりこれまで、日本市場に流通している月経カップは、種類が少なくて高額すぎたため、浸透しようにもできない壁がありましたが、そのハードルを本作でサティスがぶち壊してくれたのは、大きな功績かと思います。

かつて、クリ吸引マシンの価格破壊によってウーマナイザーの牙城を崩したように、月経カップ市場でもメジャーブランドになることができるのか?

今後も注目していきたいですね。







■サティスファイヤ フィール






0
タイトルとURLをコピーしました