昭和フルムーン  令和時代に甦った王道デザインの猥褻下着

ランジェリー




■昭和フルムーン









あの頃…僕たちが憧れたエロ本の中の痴態
令和時代に甦った王道デザインの猥褻下着



今の世の中、何でもデザイン性が求められる時代。

クルマやバイクはもちろん、消しゴムひとつ取ってもデザインがよくなければ売れず、デザインは製品の善し悪しに影響する、ひとつの重要項目となっています。

しかし…いいデザイン・悪いデザインは感性に寄るところも大きく、同じモノでも人によって受け取り方がまるで異なるのが難しいところ。

そのため、老若男女すべての人々を満足させるデザインなんてものは存在せず、どんな商品でもある程度ターゲットを絞って、そこに合わせたデザインを心掛けるしかないのです。

アダルト系のセクシーランジェリーにおいても、それは同じ。

時代の影響か、ランジェリーも以前よりデザイン性の高いものが増えたうえ、そのほとんどがアジア圏の工場を使っているため、相場もグッと下がっています。

そんな市場傾向の中、NLSが自信を持ってお届けするのがこちら。

ひと目見てわかるように、もうね…完全に“オッサン狙い”です(笑)

昭和世代の中高年男性たちにとって、「セクシーランジェリーといえばコレ!」という感じの超王道的なデザインは、まるで昭和のエロ本に載っているかのような淫靡な雰囲気。

ちょっとケバいスナックのママや団地妻あたりに似合いそうな、とっても艶めかしいテディ系のランジェリーに、思わず愛しいパートナーの姿を重ね、勝手に興奮してしまうんじゃないでしょうか。

おっぱいもアソコもフルオープンのため、乳首吸引やクリ責めなどのグッズ併用がやりやすく、着たままの挿入もイージー。

オナニー時に着用してもプレイを阻害することなく、気分だけを盛り上げてくれます。

M女はもちろん、S女が着てもなかなか妖艶で、レザーのグローブやブーツ、ヒールなどとの相性もグッド。

また、サイズさえ合えば女装やシーメールもOK。

とくにコックリングなどと合わせると、変態感が増してえげつないビジュアルになるでしょう。

格安なので品質を疑いがちですが、そこはNLSプライベートブランド。

CP最高!花柄ベビードール」などでも実績のあるメーカーから仕入れていますから、生地も縫製もお値段以上のレベルです。

もちろん、長年に渡って何度も使えるほどの耐久性はないものの、マンネリ気味のカップルが、これを着て何度か盛り上がるセックスを楽しめればコスパも十分。

写真映えするので、お相手が信用できるならハメ撮りを楽しむのも悪くないんじゃないでしょうか。

ただし…女性の方は、間違っても本作を“勝負下着”には選ばないようにしてください。

いくらエロ好きな男性でも、ベッドで服を脱がせたときに相手がコレ着てたら、けっこうな確率でドン引きするかと思いますよ(笑)








■昭和フルムーン








0
タイトルとURLをコピーしました