A.X.L.(アクセル)  オナホや手コキを楽しみながらペニスを鍛錬

ローション




■A.X.L.(アクセル)









意識高い系の男はどんな時でもセルフケア!
オナホや手コキを楽しみながらペニスを鍛錬



まるでメンズコスメ用品のような、オシャレなボトルで登場したのは
老舗メーカー・フジ工芸のオナホ適合ローション。

ブルー、ブラック、オレンジの3バリエーション展開で、各色とも異なる機能性を持たせています。

フジ工芸は以前にも「GROOVE(グルーヴ)」という
ペペとコラボしたポリアク系の機能性ローションをリリースしましたが
今回はそれらとはまったく違う性質の、トロッと滑らかなジェル系テクスチャーです。

青いボトルの「be Long」は、メントール配合のクールな清涼感がウリ。
長時間プレイを想定しているので、オナホと一緒に使って鍛えることで、持久力アップを目指せます。

黒いボトルの「be Strong」は、3種の中では一番硬めのテクスチャー。
ネットリ絡むジェルの中には、L-アルギニンとL-シトルリンが配合されているため、男根力を増強するのに適しています。

オレンジカラーの「be Pleasure」は、見た目通りの温感タイプ。
グリセリン比率が高いため、その特性はかなりオイリーですが
オナホに使えばストロークするたびホットな快感の波が訪れ、リアルな挿入感を味わえます。

どのタイプも一般的なポリアク系のぬるぬるテクスチャーとは違い、ちょっとクセのある使用感ですから
ある程度ローションの経験値がないと、はじめは戸惑うかもしれません。

とくに推奨されているオナホールでの使用は
オナホとの相性や好みにも大きく左右されやすく、上手くマッチしないケースも多そう…。

一度やってダメでも簡単にはあきらめず、対象オナホや使用量を変えたり
混ぜ物をしたりするなど、できればアレコレ工夫してみて欲しいですね。

ただ…3種類ともローションとしての品質はハイレベルですし、カルボマーが入っているため落としやすさも抜群。

内容量も十分なので、総合的に考えればコスパは悪くないと思います。

オナホプレイだとアタリ・ハズレありますが、手コキに使うぶんには問題ありませんから
機能性をメインにセルフケアをしたい方は、どうぞ気軽に試してみてはいかがでしょうか。



【原材料:be Long(ブルー)】
精製水、グリセリン、PG、カルボマー、ヒアルロン酸Na、エタノール、メントール、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、ポリアクリル酸Na、青色1号、水酸化Na

【原材料:be Strong(ブラック)】
精製水、グリセリン、PG、カルボマー、ヒアルロン酸Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、ポリアクリル酸Na、カーボンブラック、L-アルギニン、L-シトルリン、水酸化Na

【原材料:be Pleasure(オレンジ)】
グリセリン、精製水、PG、カルボマー、バニリルブチルエーテル、EDTA-2Na、黄色4号、赤色106号








■A.X.L.(アクセル)








0
タイトルとURLをコピーしました