イキ狂いブラックサポーター  リングの増強効果と装着型ローターで完全武装

男性増強



■イキ狂いブラックサポーター








リングの増強効果と装着型ローターで完全武装
ペニスにも伝わる激震がGスポ・クリをW攻撃



トリプルリングで竿・玉を締め付ける早漏防止サポートと、クリとGスポを同時に奮わせるWローターが融合した“下半身のリーサルウェポン”が、トアミから発売されました。

一見すると何だかよくわからない奇妙なカタチは、類似モデルであるNPGの「パワード・ザ・コック」によく似ており、あれをご存じの方なら、本作の使い方も一発で理解できるでしょう。

本作はいわゆる“ペニス装着型ローター”に分類され、その発想はもともと「ピストンしながらクリも愛撫してあげたい」という、男性側の奉仕的な愛情から生まれているもの。

それこそアダルトグッズの黎明期からあるニーズで、古くは「電動歓喜虫」や「アクアマンタ」あたりが有名でしたが、最近では「TENGA SVR(エスブイアール)」や「マルチ電動ペニスリング」などに人気が集中しています。

オナホやバイブなどと比べるとややマイナーな商品ジャンルのため、しばらくは進化も停滞していましたが、そこに現代技術を投入してイッキに世代超えを果たしたのが「パワード・ザ・コック

本作はそこからさらなる発展を狙った後発モデル…という位置づけです。

パワード・ザ・コック」がクリバイブのみだったのに対し、本作は2機のローター搭載によって、Gスポットも狙えます。

しかも、竿側のローターは装着者のペニスにも振動を与えてくれるため、まるで「ウィバイブシリーズ」のような快感のシェアも楽しめそう。

リモコンによる操作性の追求や、細めのリングで長時間装着も視野に入れている点など、細かい部分にも工夫を凝らしており、いろいろな要素を詰め込んでいるわりには、バランスよくまとまっている印象を受けました。

ただし…「パワード・ザ・コック」もそうですが、本作も明らかに中華市場から引っ張ってきたモデルのため、日本のメーカー品とはいえ、純国産のような繊細な気遣いや利便性にはあまり期待できません。

本作の場合、ローターが入った竿側のプレート厚が1cm近くあるので、ここが挿入時に引っ掛かりそうでちょっと心配。

各リングの締め付けもゆるめなので、個人差あるでしょうが、装着時の安定感も未知数ですね…。

とはいえ、たった3ステップで“ペニスの完全武装”ができて、自分まで振動をシェアできる仕様のローターはなかったですし、リモコンや充電性能、静音性などのユーティリティ面も十分評価できます。

価格はそれなりにするものの、品質と機能性を考えれば割高ともいえませんから、最新の装着型ローターでパートナーをアヘアヘいわせたい方は、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。








■イキ狂いブラックサポーター






0
タイトルとURLをコピーしました