三島奈津子のエロ股 生ま○こ  有機的な粘膜壁がリアル刺激を再現!

オナホール




■三島奈津子のエロ股 生ま○こ









有機的な粘膜壁がリアル刺激を再現!
プリプリ締まる肉塊に腰を振りまくれ!



NPGが得意とする女優系オナホールが届きました。

今回は生腰や品格シリーズとは違う単発の大型・据え置きモデルで
起用したのは三島奈津子というJカップ巨乳が眩しい、ムチムチ系のおねーさんです。

パッケージはごちゃごちゃ詰め込んだ感じの賑やかなデザインで
相変わらず“昭和のエロス感”が漂う扇情的な内容。

だが、これがいい。

2次元志向の美少女マニアはさておき
3次元派のオッサン世代にはビンビン魅力が伝わってくる、素晴らしい訴求力です。

ところが…ワクワクしながら箱を開けると
まるでマグロの柵のようにヴァギナ周辺だけを切り出したボディが登場。

潔いっちゃ潔いですけど、この造型はもうちょっと何とかならなかったんですかねぇ…。

しかも、本作は素材の油っぽいニオイとベタ付きが強く
見るからにすぐ剥がれそうな小陰唇の安っぽい着色にもゲンナリ。

最近のNPGはもっと高品質なオナホも出していますから
この辺のイマドキっぽくない素材感と仕上げレベルに、本作に対する熱量の低さを感じてしまいました。

硬度バランスは品格系に近く、標準クラスかそれよりもちょい硬め。

大型なので押しても潰れないほど弾力が強く
バインバインのプリップリな感触を楽しめますし、これなら骨格がなくてもシッカリ自立するでしょう。

アップダウンの少ないストレート穴は、程よい内径と粘膜質なインナー素材による心地よい密着感がグレイト。

素材硬度の影響もあって全体的にキュッと引き締まった感触です。

内部テクスチャーは、NPGらしい有機的なイボ・ヒダ混合タイプで
挿入直後に待ち構えるイボ群が、プツプツ&ピンピンとつま弾くようにカリや裏スジなど敏感ポイントを刺激。

さらに内壁全体に配置されたヒダは
どこと一カ所に特定できないほど終始ゾリゾリ・コリコリとした摩擦感をもたらし
中腹のザラザラ擦れるカズノコゾーンなどと一緒に、グングン射精感を高めてくれます。

感心するのは、どの加工も一定の存在感がありながら、過剰な刺激には至らないバランスに抑えられていること。

深部の子宮口もRIDEやマジックアイズのような仰々しさがなく
フィニッシュ時に奥まで腰を沈めると、息苦しさのような締め付けの違いを感じる程度。

こうした人工的なギミックを知覚させない配慮こそ、NPGのオナホがリアル系として賞賛される理由かと思います。

ただし…こうした内部構造の完成度とは裏腹に
本作は造型からくる使用感の悪さが足を引っ張っていて、そこがとっても残念でした。

具体的にいうと、本作は腰振りプレイ前提のわりに穴の位置が低く
床やベッドに置くと腕立てみたいな体勢を強いられます。

「床オナ式名器シリーズ」なら、それ専用に独特のつくり込みがされているので問題ないのですが
本作の場合はただただ使いにくいだけで、床置きでの腰振りプレイはけっこうなストレス。

ならば…と、両手持ちでのストロークを試みるも
約2kgのボディをスムーズに動かすのは現実的じゃなく、やっぱりストレス。

結局、本作はテーブルなどのちょうどいい高さに置いて
膝立ちか立ったまま腰を振るのが一番しっくりきましたが
逆にそれ以外のプレイスタイルだと、大なり小なり使いづらさを覚え
それが快感パフォーマンスにも少なからず影響していました。

まぁ、トータルで判断すれば著しく性能が劣っているわけでも、クオリティが低いわけでもないので
お手頃サイズの据え置きオナホをお探しの方には、決して悪い選択肢ではありません。

やや割高には感じるものの、この女優さんのファンなら十分付加価値を見いだせるでしょうし
もはや恒例ともいえる、オリジナルの80mlローションまで付きますから興奮度もハネ上がるはず。

腰振りプレイのデメリットに関しても
普段から床置きしない方なら何の問題もありませんので、どうぞ安心してポチってくださいね。








■三島奈津子のエロ股 生ま○こ








0
タイトルとURLをコピーしました