オナドロイド GRIPS(グリプス)  毎日でも飽きずに楽しめる普遍的快感

オナホール




■オナドロイド GRIPS(グリプス)









毎日でも飽きずに楽しめる普遍的快感
グリップで圧力を変えられるのも便利



オナドロイドジャパンという新規メーカーからリリースされた
ちょっとオシャレなデザインのカップ型オナホールです。

仕様としては昔からある、カップケース・スポンジ・樹脂ホールの3層構造。

斬新さはまったくありませんが
そのぶん安心できるため身構える必要がなく、見ただけでそこそこの性能であることも予想できます。

GRIPS(グリプス)の名前からもわかるように
本作のカップ容器は少し柔らかく、ギュッと握り込むことで外圧を掛けられます。

しかし、こうしたソフトカップも、「プレシャスラブ」や
TENGA ソフトチューブカップ」などけっこう古くからあり、まったく珍しくはありません。

バリエーションは「ソフト」と「ハード」の2種類。

両者の違いは、快感の要となる樹脂ホールの内部構造のみで
それ以外のカップやスポンジはすべて共通。インナーホールの素材・硬度も同じでした。

その内部ホールですが、「ソフト」は入口付近に微細なツブツブゾーンがあり
中盤以降は細かいヒダが等間隔に連なる設計。

最奥には長めの触手イボも待ち構えますが、基本的にはヒダのゾリゾリ刺激が中心です。

樹脂素材が柔らかいうえネットリと絡みやすく
スポンジによってナチュラルな膣圧を再現できているため、「ソフト」といえども射精力はまずまず。

圧力が足りなければ、グリップを強くするだけで簡単に調整できます。

一方、「ハード」は大きなヒダの間に太いイボを挟んだ構造で、肉厚&カサ高なヒダが粗っぽく擦れるのが特長。

不規則に蠢く触手系のイボがユニークで、動かし方によっても刺激に変化を加えられます。

「ソフト」同様、密着感とバキューム性能に優れ
ペニスによく絡みはするものの、素材硬度が足りないせいか刺激レベルはわりと普通。

“高刺激”というよりは、“大味”と表現した方が的確な気がしました。

どちらもカップが大きめなので奥を突くのが難しく
チン長によってはちょっとストレスを覚える可能性があるものの
総合的に見て価格と性能のバランスが取れている、よくできたカップ型オナホです。

喩えるなら…同じ中華料理でも、高級中華は確かにおいしいですが
町の中華屋さんのホッとする味の方が、毎日でも食べられる魅力がありますよね。

本作はまさにそんな、大衆中華のような味わい…といえます。

数あるカップ型オナホの中でも“ザ・スタンダード”と呼ぶにふさわしい中庸っぷりなので
カップ未経験者が「どんなモンだろ?」と試してみるにも、うってつけかと思いますよ。








■オナドロイド GRIPS(グリプス)








0
タイトルとURLをコピーしました