CQX  ストローク性能とのバランスに優れた良作

オナホール




■CQX









子宮口が連続するも抵抗感はマイルド寄り
ストローク性能とのバランスに優れた良作



前回の「処女膜無双 KUROGANE」につづくヒダ連続タイプのオナホール。

ただの偶然ながらあまりにも似ているので、最初は間違えて同じヤツ持ってきちゃったのかと焦りました。

しかし、こちらはテッパンのRIDEブランド。

CQロール」や「ナースのCQ挿入感」、「ロォリCQ2」など
RIDE JAPANにはこれまでにも子宮口をメインギミックやコンセプトにしたオナホが多く
本作はその中でも一番ぶっ飛んだ、“究極のCQ系”と呼ぶべき存在です。

というのも、「CQX」のXは「極限」や「過激な」という意味の英語
extreme(エクストリーム)に由来しており
前述した通り“KUROGANE”に似た、複数のヒダ(子宮口)が連なる、摩訶不思議な構造になっているのです。

素材はお馴染みバンジータッチ。ニオイとベタ付きはやや感じるものの
相変わらず硬度バランスは素晴らしく、ぐにゅり柔らかにペニスを受け止めつつも
心地よい弾性はシッカリ残しています。

ストレート穴の内部は中盤に溝付きのイボ群
最奥に突起状のポルチオを備えていますが、残念ながらどちらも存在感は薄め…。

やはり本作は、この幾重にもつながった“連撃CQギミック”に
快感のすべてが集約されている印象を受けました。

ただ…類似する「処女膜無双 KUROGANE」と決定的に違うのは
柔軟なバンジータッチ素材のおかげで
ストローク性能と摩擦抵抗のバランスがちゃんと取れているところ。

子宮口ギミック自体もカサの大きいヒダのように機能していて
すぼまった先端がチュッと吸い付くような感触こそありますが
ギュッと締めつけてくるほどではなく、わりとあっさり風味。

そのため、見た目から想像しがちな
ブリブリと連続してヒダが絡む過激さはほとんど感じられず
あくまで本作はビラッと擦れてパッと離すをくり返しながら軽快にシゴき上げる、ややマイルドな特性でした。

まぁ…最初はわずかに単調さを覚えたものの、ヒダの大小がそれをかなり緩和させていますし
何よりストロークがしやすいので、緩急を自在にコントロールできるのも有利なポイント。

さらに本作は、ゆっくり動かすと時折ヒダがベロッとめくれるように絡むことがあり
こうしたランダムに襲ってくる快感も好印象。まさにペニスを虜にする
素晴らしいパフォーマンスといえそうです。

総じて本作は、超ハード系のライバルが抱えていたストロークの弱点を克服しつつ
射精力も十分すぎるほど残しているため、同じヒダ連続タイプの中では突出してスマートな仕上がりです。

業界一といわれるコスパも健在ですし、ペニスがゴリゴリと削られるような刺激じゃないと満足できない
射精障害ギリギリの強刺激マニアでもない限り、異次元の子宮姦を堪能できるかと思いますよ。








■CQX








0
タイトルとURLをコピーしました