膣肉生陰唇 純  マイルドな快感が間断なくつづくリアル系

オナホール



■膣肉生陰唇 純







マイルドな快感が間断なくつづくリアル系
クセのなさと飽きのこない特性も万人向け


A-Oneの本格リアル系オナホ「膣肉生陰唇」に、姉妹モデルの「純」が加わりました。

オトナの女性を思わせる卑猥な造型だった前作に比べ、本作はリアル路線ながらも少しだけ大人しめ。

清純派乙女のような“イノセント・ヴァギナ”に、多くの男性が魅了されるでしょう。

素材感はそこそこのオナホ臭と、そこそこのオイルブリードがあり、決して快適とはいえない品質です。

トイズハートやRIDE JAPANのオナホに慣れている方だと、ちょっと面食らうかもしれません。

硬度はかなり中庸的。

程よくプニプニした肉感は、イジってみるとよく伸びよく弾むうえ、突いた時にはいい具合の手応えを楽しめます。

これといった特長はないものの、ある意味理想的なバランスといえます。

内部はストレート穴と2重構造の組み合わせ。

大小のイボ・ヒダがミックスされたテクスチャーで、中盤にある巨大な突起によってそれなりに締め付けも有しており、全体的にクセがありません。

ストローク中は、手前と奥で角度の異なるヒダがネットリと絡み付く感触や、大粒のイボがカリや裏スジをゾゾゾっと舐め上げる摩擦刺激などが入れ替わり、決して単調ではないのですが、かといって大きな緩急もない、何とも不思議なフィーリング。

弾性がクッキリしているわりに、快感刺激はマイルドで、しかもそれが間断なくつづくのもファンタスティック。

普通に動かしているぶんにはまったり系なのに、ガシガシやれば即射もできるあたりが、“品格・証明シリーズの廉価版”といえなくもない気がしました。

ただまぁ…昨今の群雄割拠なオナホ業界において、いいか悪いかは別にして、あまりにも没個性ですよねぇ。

2次元パケを嫌うユーザーの目を引くことはあっても、総合的な訴求力に欠けるため、食指が動きにくいのは確かです。

オナホとしては普通に気持ちいいですし、クセがないので飽きにくく、“手堅い逸品”としてコレクションに加えてもよさそうな実力。

これだけのパフォーマンスで約2000円なら、コスパも十分でしょう。

また、ビギナーが“はじめてのオナホ”に選ぶにもちょうどいいと思いますので、オナホ未経験でリアルな挿入感を希望する方は、購入候補のひとつとしてご検討ください。






■膣肉生陰唇 純






0

コメント

タイトルとURLをコピーしました