犯された巨乳美人若妻  明確なイボ・ヒダで偏りのない性能が見事!

オナホール



■犯された巨乳美人若妻







2タイプの人妻系で秘められた性癖を解放
明確なイボ・ヒダで偏りのない性能が見事!


今やオナホ市場は深刻な実写離れが進んでいて、国内メーカーのオナホールは、どれもこれもアニメ絵の2次元パケばかり…。

さらには女の子キャラも美少女や妖精、サキュバスなどといった妄想ファンタジー系が大多数を占めており、それらにまったく興味の湧かないユーザーたちは、選べるオナホが極端に限られてしまっています。

そんな中、昭和の時代を生き抜いてきた老舗メーカーNPGが、まったく逆のアプローチで新作をリリース。

かつてのピンク映画を彷彿させる、かなり暴力的な演出が特長の人妻系オナホールです。

世の中には盗撮・痴漢・強姦(強制わいせつ)など、実行した瞬間に犯罪となってしまう性癖があり、それらは決して許される行為ではありません。

しかし、性癖は自分で選べないもの。

何かのキッカケで目覚めてしまったが最後、そこから逃れる術はなく、とくに男性の多くは大なり小なり自分の性癖と密かに向き合いながら、現実と折り合いを付けているのです。

こうした“現実には許されない性癖”に対し、疑似体験を通じてある種のカタルシスを与えられるのも、アダルトグッズのいいところ。

まぁ…幼女系・熟女系などの既存オナホだって、いってみれば欲望を疑似体験するためのツールなわけで、こうした陵辱的なパッケージ演出も、そういう性癖を秘めながら一生懸命に抑制しているユーザーからしたら、とてもありがたいんじゃないでしょうか。

バリエーションは2種類。

それぞれ外観と膣壁加工が異なりますが、ボディサイズと素材特性、2層構造という仕様自体は共通です。

やや長細いフォルムに思えるものの、どちらも片手で扱える程よい重量感。

ハリのある素材は内外ともにプリプリとよく弾み、ニオイ・ベタ付きもごく軽微なレベルに抑えられています。

「マリア(白昼)」の内部はイボ中心。

凹凸のある大きな粒が膣内を埋め尽くしており、挿入するとこれらが全方向から複雑に絡んできます。

感覚的には「ゴツゴツ」と「コリコリ」の中間くらいな摩擦感で、粒のひとつひとつが大きいせいか強烈さはないものの、複数のイボ玉にジュルジュルと洗われるような心地よさを堪能できます。

また、ガシガシ動かせば素直に射精感が高まるのもバランスがよいといえ、クセが少ないぶん、誰にでもマッチする汎用性が光ります。

一方、「カナ(夕闇)」は終始ヒダがメイン。

よく見るとヒダの輪郭に小さなイボが加工されていますが、ペニスで受ける感覚は普通のヒダとほとんど変わらず、ツブツブ感を得ることはできません。

連続するヒダの中には、カリ首にキュッと吸い付くひときわ大きな山が複数あり、これが低速で擦れるたび、敏感ポイントを執拗に嬲り上げます。

粘膜素材にもハリがあるため、絡み付きが力強く、ストロークに応じてプルンと派手に弾いていくのも好印象。

高品質なインナージェルを最大限に活かした、とても表情豊かな膣壁といえるでしょう。

両タイプともそれぞれハッキリとした特長付けがされており、なおかつ性能に偏りがないのも見事。

ただ、どちらもメリハリがあってわかりやすい反面、繊細なフィーリングによる奥深さは一切感じられませんでした。

なお…外箱からは気付けませんが、本作はパッケージ内の仕切り紙に官能小説風のテキストがびっしり印刷されていて、これがまたマイノリティな性癖を満足させてくれる、なかなかの演出効果を発揮します。

オナホとしての快感パフォーマンスも素晴らしく、総合的には高く評価できるものの、惜しむらくはコスパの悪さ。

最近のNPGはひとりインフレ傾向にあり、本作も相場とはかけ離れた価格設定のため、「どうしてもコレがいい!」というユーザーじゃない限り、気軽にはポチれないのが、非常にもったいないなぁ…と思いました。






■犯された巨乳美人若妻






0
タイトルとURLをコピーしました