発情美人 若妻の肉襞 森ななこ  卑猥すぎる肉壁はコリコリの高刺激系!

オナホール



■発情美人 若妻の肉襞 森ななこ







卑猥すぎる肉壁はコリコリの高刺激系!
無次元加工との相性もよく、射精力は甚大


NPGよりリリースされた3次元パケの新作オナホです。

パッと見、「証明シリーズの最新作か!?」と思いきや、まったく関係ないとのこと。

しかし…パッケージの雰囲気やAV女優の起用、本体造型、愛液ローションが付属する点など、いろんな要素が「証明シリーズ」に酷似しており、素人目にはほとんど区別が付かないでしょう。

価格的には「証明シリーズ」よりグッと安く、ボディサイズも600g弱とちょい控えめ。

このあたり…アリスJAPANとコラボした“葵つかさの局部精密レプリカ”に近く、あえていうなら本作はソッチ系統に属するようです。

外観は「証明シリーズ」そっくりですが、素材感は意外にもやや硬め。

それでもNPG製オナホール特有のオイルブリードは健在で、やや甘ったるいオナホ臭と油っぽさが手に残ります。

内部構造は狭い穴がうねった無次元加工と、たっぷり厚みのあるインナー粘膜を備えた2重構造の組み合わせ。

赤黒い肉ヒダがチラチラ覗くボディは卑猥極まりなく、大きなビラビラの挿入口と合わせ、男たちの欲情を上手にかき立ててくれます。

ペニスを突っ込むと、狭い膣道を掻き分ける快感とともに、イボやヒダのディテールをクッキリ伝える摩擦刺激が発生。

目まぐるしく変化する凹凸は人によっては少しクドくも感じそうですが、飽きのきにくい有機的なテクスチャーとして、自分は好印象でした。

素材硬度がハード寄りのため、全体的に刺激は強めです。

とくに肉厚素材が生む圧迫感と無次元加工の相性が素晴らしく、これまで定着していた「無次元→証明シリーズ→まったり系」という三段論法を、NPG自らが見事に打ち破ってくれた感があります。

当然、既存の無次元&証明ファンには抵抗を示す方もいるでしょうが、高刺激派にも無次元特有の掻き分ける感触を求める声は多く、そうしたニーズに応える意味では、とても価値がある存在かもしれません。

オナホとしての完成度も高く、快感性能・射精力ともに優秀。

単体で見ればコスパも決して悪くないのですが、マジックアイズやRIDE JAPANなどと比べると相対的に評価が落ちてしまうのは、もはや仕方ないでしょう。

そして…本作を前にしてどうしても拭いきれないのは、既存のシリーズモデルとほとんど変わらないマンネリ感…。

実際に使ってみると多少味付けが違うとはいえ、直近の正規シリーズである「名器の証明010 沖田杏梨」と比べても、外観からパッケージングに至るまで、“ほぼほぼ同じ”といえるほど似ています。

見方を変えれば本作は、正規シリーズじゃないけど実力的には変わらない“お買い得版”ともいえますが、仮にこうしたモデルが増えると今度は正規シリーズのブランド力も落ちてしまい、すでにクラシック化しつつある「品格・証明シリーズ」の価値はますます低下するでしょう。

そうならないためにもNPGには、もっと「品格・証明シリーズ」のアイデンティティを大事にし、シリーズとの差別化を意識した、これまでにない革新的なオナホを生み出して欲しいものです。






■発情美人 若妻の肉襞 森ななこ






0
タイトルとURLをコピーしました