イク寸前!! 深田えいみ  キュウウ…っと締まる膣圧は射精力も甚大!

オナホール



■イク寸前!! 深田えいみ








柔硬素材の緩急と多彩な突起で賑やかな内壁
キュウウ…っと締まる膣圧は射精力も甚大!


ここ最近、アダルトグッズ業界の各方面でブイブイいわせている人気女優・深田えいみの再現系オナホールが、A-Oneより発売されました。

AV女優モチーフのオナホはNPGの得意分野。

実際、既存モデルには「名器の証明012 深田えいみ」があり、こちらもかなり好評を博していますが、果たして本作はどこまで勝負できるのでしょうか。

ボディ造型はなぜかモリマン仕様です。

ぷにばーじん 3200」ほどじゃないにしろ、ぷっくり膨らんだ土手まわりが可愛らしく、プレイ中はこの肉が適度なクッションになって心地いいんですよね。

本体の前後で素材硬度が異なるのも「ぷにばーじん 3200」と一緒。

ただし、前半が柔らかく後半は硬かった“ぷにばーじん”とは反対に、本作は前3分の2がハード、後ろ3分の1がソフトという硬度配置になっています。

素材感はニオイ・ベタ付きともにほとんど気にならず、A-Oneオナホの中でもトップクラスに良質。

前半のハード素材はかなりハリがあり、強く弾かれる印象なのに対し、後半のソフト素材はモッチリとした柔軟性を備え、それぞれを上手く特性づけているように思いました。

ストレート穴の内側は粘膜広がる2重構造。

イボ・ヒダ複合のテクスチャーはどれも凡庸なのですが、前半の硬い肉質が強い反発でペニスに押し広げられるのを抑えるため、かなり窮屈で力強い締め付けを感じます。

そして…本作はこの“締め付け感”こそが最大のウリ。

まさにイク寸前の膣の締まりを連想させる、キュウウ…と熱を帯びるかのような圧迫感が何とも心地よく、ペニスの外側から芯にまで伝わってくる生態的な感触に、多少のリアルさを覚えて、思わずゾクゾクしちゃいました。

このグリップだけじゃ到底表現できない、ナチュラルな締め付けが快感のベースとなっていて、そこに複数ヒダが粘っこくシゴき上げる刺激や、巨大な突起によるゴリゴリとしたツボ押しのような感覚が加わります。

さらに硬質ゾーンを抜けるとイッキに開放感がきて、そのまま休む間もなく最奥のソフトなポルチオに包まれるのもユニーク。

動きを止めれば、柔らかい部分の輪郭もちゃんと伝わってきます。

ぶっちゃけ…全体を通じて力でゴリ押ししている感もあり、ストローク中は前半の硬い部分に触覚のほとんどを持っていかれがちです。

しかし、まるでジェットコースターのような快感特性は目まぐるしくも賑やかですし、射精力も相対的に見てかなり優れているため、多くの方が満足できるのは間違いなさそう。

容量たっぷりのローションが付くことも含め、快感パフォーマンス的にもコスパは秀逸。

深田えいみファンはもちろん、それ以外のユーザーにも試して欲しい、A-Oneの力作オナホールといえるでしょう。









■イク寸前!! 深田えいみ






0
タイトルとURLをコピーしました