NUPU2(ヌプ2)  存在感の増したリングにより射精力もアップ!

オナホール




■NUPU2(ヌプ2)









存在感の増したリングにより射精力もアップ!
あの人気モデルが成し遂げた奇跡の構造改革



比較的新しいメーカーながら、その特異なコンセプトと確かな技術で高評価を得たため
今やONDO!の代表作ともいえる存在となった、双方向オナホール「NUPU(ヌプ)

本作はその第2弾です。

ボディ構成は前作同様、フェラとヴァギナの前後貫通式で
道中に2本の締め付けリングを施しているのも一緒です。

大きな違いはヴァギナ側が“幼い蕾”をイメージしたすじまん造型になり、内部構造が上下にワインディング。

内壁もイボ・ヒダの比較的シンプルな加工に変わっていますが
全体的に前作を踏襲している部分が多く、見た目はほぼマイナーチェンジに近い印象です。

2重構造のインナー&アウター素材も大きな変化はなく、相変わらずニオイ・ベタ付きは控えめ。

硬度バランスも、ゴリッとした弾力の強いリングを際立たせつつ
薄く敷きつめたヒダもちゃんと機能させる、ジャストな塩梅のように思えました。

本作もまずはリップサイドから挿入。

口腔内が広くなったおかげで前作よりも舌の動きがスムーズになり
喉奥にスルッと滑り込むような道筋が、フェラ系オナホならではの持ち味を発揮しています。

さらに奥を突くと、大きな下り坂の後にすぐリングが待ち構えているせいかとても狭く感じ
イラマチオにも似た喉をぴっちり塞ぐような密着感が発生。

気になる歯についても、そのまま突き立てれば不快ですが
指で避けるように挿れればジャマにもならず、ストローク中は多少擦れてもアクセントの範囲内。

歯の硬度が低いので、思ったほど気になりませんでした。

つぎに反対側のヴァギナを攻略。

モニタリング前は空間が明らかに広くなっているため、射精力の低下を心配していましたが
挿入してすぐにリングの影響を受けるため、空間を持て余すような感覚はありません。

それどころか本作は、内部構造に急なアップダウンが加わり
2本のリング配置も調整されたことで、むしろリングの自己主張が強まっている印象。

亀頭がそこを貫くたび、ピンと強烈に弾けてから
ちょうどカリに輪っかを引っ掛けたような具合で止まる感じが
前作にはなかったインパクト絶大の刺激へと繋がっています。

そして…このハードに生まれ変わったリングギミックを支えているのが、じつは控えめになった内壁テクスチャー。

イボもヒダも小さくなって、単独で見れば物足りなく感じられますが
ワインディング加工と合わせて、これこそが強化されたリング性能を存分に活かしている気がします。

何より素晴らしいのが、ゆっくりとしたストロークでもこのリングを越える瞬間は
プリンと手応えのある弾力が味わえること。

それと同時に、快感がイッキに下半身へとなだれ込むような刺激に包まれるので
緩急をつけてもかなりハイレベルな射精力といえそう。

しかし、これこそが強制的に搾られる高刺激オナホの醍醐味であり
イッたあとペニスにじんわり残る余韻と疲労感は、類似するリング系オナホのヒット作
欲情ギミック」によく似ているように感じました。

正直いって初見では「NUPU(ヌプ)」と大きな違いがなく
穴の形状やリング位置から「前作よりも劣化してんじゃね?」と疑っていましたが
いやいや…まったくの杞憂でした。

本作は「NUPU(ヌプ)」を気に入っていた方はもちろん
一般的な歯付きフェラ系オナホに飽き飽きしつつある方
ゴリゴリのハード刺激を好む高刺激派をはじめ
純粋に「欲情ギミック」のようなリング付きオナホが好きなユーザーにもオススメ。

さまざまな要素が入り混ざっているものの
すべてのバランスを崩すことなく昇華させた圧巻のパフォーマンスを見る限り
“1粒で2度おいしいオナホール”として、再びブレイクするのは間違いないでしょう。








■NUPU2(ヌプ2)








0
タイトルとURLをコピーしました