乙女の恥肉  生態的な膣道が濃厚に絡みつくリアルさに仰天

オナホール



■乙女の恥肉








むっちり肉厚な無次元加工の締め付けが強烈!
生態的な膣道が濃厚に絡みつくリアルさに仰天


すじまん くぱぁ EXバージンろりんこ」が絶好調のマジックアイズから、早くも「すじまんシリーズ」の最新作が登場しました。

今度の“すじまん”は進化型を謳っており、“まんがビラって翼がハミ出るぅ~♪”のだとか。

「屁のつっぱりはいらんですよ」並みに意味不明ですが、とにかくスゴくエロそうなのは確かですな(笑)

ボディは600g超えのLクラス。

独占肉感」といい「La vie en ROSES(ラビアンローゼス) 薔薇乙女」といい、最近のマジックアイズは明らかに競合の少ない、このクラスに力を入れている模様。

実際、サイズが大きいぶん、内部構造やギミックにも凝れるので、この作戦はなかなか有益そう。

グラム単価も概ねRIDEのMクラスを下回っているため、それほど割高感がないのもメーカー努力の賜(たまもの)でしょう。

ほんのりトルソーっぽい造型の本体を手にすると、まずはそのパウダー量に驚かされます。

素材感うんぬんの前に、とにかく粉っぽくて不快…。

強めのオナホ臭や油っぽさも当然あるんですが、何よりそれをカバーしようとした大量すぎるパウダーにストレスを感じてしまったので、開封後は一度丸洗いすることをオススメします。

硬度バランスは肉厚なせいもあって、やや高弾力。

ムッチリしていて伸縮性にも優れています。

一応、2重構造ですがインナーとアウターの硬度差はなく、ほぼ単素材と捉えてもよさそうです。

内部構造は細くて狭いキツめの膣壁で、この穴なき穴を進む感覚は、まさにマジックアイズ版の無次元加工。

ただ、“ろりんこ”のように人を選ぶギチギチさではなく、余裕もってキツさを楽しめる調整が素晴らしいですね。

侵入するとムッチムチな肉質がもたらす強い締め付けをはじめ、非常に狭い膣道を掻き分けるように這い進む、見たまんまの快感が連続します。

ハードといえばハードなのは間違いありませんが、その反面、膣壁との間に生じる摩擦感は意外なほどやさしく、ヒダなのかイボなのか判別つきづらいほど細やか。

この有機的な生膣感は“品格系”にも少し似ているものの、かといってあれほどソフトでもありません。

高速ストロークに難儀するほど抵抗感が強く、肉塊の中でペニスが引きずられるようにして強い絡み付きを覚える特性は、やはり射精力に特化したバリバリの高刺激系。

そして…この“生膣っぽさのある、本物志向のハードタイプ”という独特のハイブリッド感こそが、本作最大の魅力といってもいいでしょう。

従来の高刺激系オナホは、RIDE製品に代表されるような人工的内部構造が多く、その快感刺激も非現実的なものばかりでした。

それ自体は決して悪いことではありませんが、やはりハードな刺激、優れた射精力の中にもリアルな生体感を求める声もあったはずで、本作はそんな隠れたニーズに応えられる、新しいタイプのオナホールです。

狭穴すぎて洗いにくいなどの些細な問題点はあるものの、ソフトとハードが絶妙に融合したこの“ハイブリッド生膣”は、きっと多くのオナホ愛好家を虜にするんじゃないでしょうか。







■乙女の恥肉






0
タイトルとURLをコピーしました