PERORIX(ぺろりックス)  見た目に反する過激な締まりにギャップ萌え

オナホール



■PERORIX(ぺろりックス)








硬質アウターが快適なストロークにも貢献!
見た目に反する過激な締まりにギャップ萌え


きゃるる~ん♪ maccos japanから届いた、見た目がアイスクリームそっくりなスイーツ的オナホールだぉ。

“バニラ”と“ストロベリー”の2種類があって、どっちもスゴぉくおいしそ~♪

さぁ、アナタはどっちから食・べ・る?

うーん、何なんでしょうね、これ…ヴィレバンあたりに置いてありそうだけど絶対にないですし、あえてヴァギナの造型を捨てた、どこにもなびいていない潔さが、個人的にはけっこう好きです。

でも、男性ユーザーしかいないオナホ市場において、こういう方向性を誰も望んでいないのは明らか。

それが分からないメーカーじゃないはずなのに、あえて突っ込む勇気には拍手を贈りたいと思いました。

仕様的には「鎧乙女 オトメイル」とほぼ同じで、アイスのコーンにあたるアウター部分に、超硬質な素材を用いた2層構造ボディが特長。

インナーは“バニラ”がソフト、“ストロベリー”がハードとなっていますが、実質的に2タイプの硬度差はほとんどなく、これにはモニタリングしたスタッフも、「この商品と資料、ホントに合ってる?」と頭を悩ませていました。

素材感に関しては、アウターに油分はほぼなく、サラッと快適で使いやすい品質です。

対するインナーもニオイ・ベタ付き控えめで、総じて快適性は優秀。

これは“オトメイル”での実績があるので、当然といえるでしょう。

シェル素材で覆われた仕様といい、オナホらしからぬ外観といい、何とも気持ちよさが想像しにくいモデルではありますが、軽くイジってみると確かに「バニラ(ソフト)」の方でもかなりキツキツな印象。

一般的なオナホと比べても、そこまで柔らかくありませんし、むしろやや高弾力なプリプリっぷり。

伸縮性にも今ひとつ欠けているため、少なくともまったり系のオナホには、絶対使われない硬度バランスです。

そして…前述したように、こうした硬度特性は「ストロベリー(ハード)」もほぼ一緒。

“バニラ”よりもほんの少し硬い程度であり、内部構造の影響からか、むしろ“ストロベリー”の方にわずかなマイルドさを感じました。

ストレート穴の壁面は、どちらもイボ・ヒダ混合型です。

“バニラ”の方は、「横ヒダ→縦ヒダ→乱れイボ群→巨乳型突起」という流れで、“ストロベリー”は「縦ヒダ→巨大イボ→小粒イボ群→スパイラル→子宮ドーム」というステージ設計。

ただ…それぞれのテクスチャーに目新しさはなく、2タイプの違いも希薄。

唯一、“ストロベリー”の方にある巨大イボは差異として目立ちますが、それ以外は本当に「似たり寄ったり」としかいいようがありません。

挿入してみると、シェル構造によってインナー素材の逃げ場がないため、どちらも凄まじい締め付けを発揮します。

しかし、不思議と“ストロベリー”には若干の余裕があり、その肉厚なヒダが密着しながら重く絡みつく快感をネットリと楽しめます。

序盤にある巨大イボもちゃんとアクセントになっていて、カリなどにヒットすればウッと声が出そうになるほどの強刺激をもたらします。

弱点は全体的にヒダが少ないせいか、継続して射精感を蓄積させる決定打に欠けるところ。

締まりすぎて高速ストロークが苦手な特性もあって、意外と即ヌキには向いてないように思いました。

一方、“バニラ”はさらに締め付けが強く、おそらくペニスサイズによってはギッチギチな方もいるでしょう。

狭い穴が始終キュウキュウと密着し、じわりと芯まで届くような、独特かつ強搾的な快感はけっこうな中毒性です。

ところが、内壁加工が“ストロベリー”よりもシンプルゆえ、凹凸による純粋な摩擦刺激が味気なく、繊細なフィーリングとは縁遠いのが残念。

素材はソフトなはずなのに、猛烈な締まりで搾り取られる感覚が非常に強く、単純な刺激レベルと射精力は“ストロベリー”よりも上位という、何とも不思議な逆転現象が起きていたのでした…。

結論として…「鎧乙女 オトメイル」の所有者には、丸被りするのでオススメできませんが、未経験者なら十分アリ。

このパフォーマンスなら価格も割安ですし、“まったり信者”でもない限り、地雷となることはないでしょう。

アイスクリーム風の可愛いビジュアルも、TENGAとは違った卑猥さ軽減効果がありますし、カモフラ性を求める方やストレートなエロ表現を嫌うユーザーには、案外ウケるかもしれませんねぇ。







■PERORIX(ぺろりックス)






0
タイトルとURLをコピーしました