天下一穴  多彩かつハイレベルな刺激のミックス攻撃

オナホール



■天下一穴








多彩かつハイレベルな刺激のミックス攻撃
卓越した射精力と個性的な快感が天下一品


テッパンのオナホメーカー、RIDE JAPANの新作。

素材は「VDD(ヴァギナ・ディープ・ダイバー)」や「激完熟トリニティ」と同じ、ベビータッチの2重構造。

シルキーでモッチリとした伸びのある素材感は、ニオイ・ベタ付きとも控えめで非常に快適です。

とくに赤黒い粘膜質なインナーは見た目の破壊力が凄まじく、NLSの「まだ名前がありません」に似ている点も好印象。

やっぱりこういう性質の素材って“人工ま○こ”に適しているなぁ…と、つくづく思いますね。

内部構造は、前半にイモムシのような突起が不規則に並び、後半には有機的な太ヒダや子宮口ギミックまでも備えた複合タイプ。

一見するとリグレの「うろこほーる」によく似ていますが、あれよりもかなり攻撃的です。

挿入すると、いくつもの大きなイモムシで埋め尽くされた内部がとても狭く感じられ、インナーの弾力も手伝って掻き分ける感触は十分。

奥の子宮口も入口が特別狭いわけではないものの、侵入したときの手応えがハッキリ伝わってきます。

快感の主軸となるのは、やはりこの王蟲(オーム)…じゃなかった、イモムシ状の突起群。

イボともヒダとも違う、不規則な強い絡みつきがユニークで、ハリのある肉壁が波打って押し寄せてくるような、予測不能の連続刺激が終始ペニスを襲います。

中盤に達すると、今度はイボ付きの極太ヒダが裏スジを強烈に擦り上げます。

そのザラリとした刺激は、思わずゾクゾクと背中が震えるほど。

この極太ヒダ…普通のイボやヒダのような“点の接触”とは異なり、“面による摩擦”のため、刺激レベルや持続性が高いのもポイントでしょう。

さらに終盤は、最奥のポルチオをこじ開けてフィニッシュすれば、子宮口内の筋張った肉壁がピタッと亀頭に密着。

まるで精液を一滴残さず吸い尽くすような独特の気持ちよさと余韻は、キュウキュウと吸い付いて離さない名器をも彷彿させ、全編高刺激ながらも決して粗暴じゃない、癒やし要素もちゃんと備えているのに感心しました。

ただ…RIDEにしては珍しく、本作のパッケージは空振っている印象。

某有名ラーメンチェーンのような商品名と、薄幸そうな美女のイラストは、どうにも本作の魅力を上手く表現できておらず、2次元マニアのスタッフも「これはツマラナイっすねぇ…」と酷評していました。

ですが、それ以外の中身に関しては、素晴らしいパフォーマンス。

見た目から猛烈に食指を動かされるのはもちろんですが、使ってみてもその期待を裏切らないのは、さすが一流メーカーです。

とにかくヌキに超特化したその性能は、ひしめく突起が非常に狭い穴を形成し、インナーの硬度もあってか、いろんな意味で“スキのない設計”。

2段、3段に構えた各ギミックは、それぞれが持つ狙い通りの役割をキチンと果たしており、その多重攻撃によるミックス刺激には、百戦錬磨のモニタリングスタッフでさえも、ときどき腰が砕けそうになったほど。

とりわけ、この縦横無尽に暴れ回る、躍動感たっぷりのイモムシ突起は、本作でしか味わえない新鮮でおもしろい感触ですから、興味が湧いた方はとりあえずポチッておいても損はしないでしょう。








■天下一穴






0
タイトルとURLをコピーしました