アナル解禁!!ギャルビッチ  手頃なサイズと良心価格でAFがグッと身近に!

オナホール



■アナル解禁!!ギャルビッチ








手頃なサイズと良心価格でAFがグッと身近に!
タテ・ヨコ複合構造は本物さながらの気持ちよさ



A-Oneから発売された、久しぶりのアナル系オナホールです。

これまでにも「腸快感! アナル先生」や「極上括約筋 バージンプレッシャー」、「性徒会長」など、AF再現型のオナホはいくつか出ていましたが、本作ほどサイズ・価格ともにお手頃なモデルはなかった気がしますね。

パッケージはギャル系娘のイラスト。

アナルセックスを求めるユーザー層に対し、ギャルや2次元での訴求が正解なのかは甚だ疑問ですが、イラスト自体はやや生々しい絵柄なので、それほど的外れでもなさそう。

ただ、パケで謳っている「ガチギチ」や「HARDな締め付け」といった内容については、現物とかなり差異があるため、店頭でパケ買いしちゃった人なんかは、けっこう戸惑うんじゃないかなぁ…と思いました。

素材はニオイやベタ付きが少なく、快適な部類です。

使っているとほんのり手に油が残りますが、ほとんどの人が許容できる範囲でしょう。

一方、前述した通り、本作は硬度バランスが商品コンセプトやコピーとかけ離れており、標準よりもずっと柔らかくて、伸びのある特性です。

ボディも細身で300g未満の軽量級ですから、これでアヌス特有のギチギチ感を表現するのは、いささか難しいかもしれません。

2重構造の内部は3ステージ構成。

直腸壁をイメージしたアナル系ならではテクスチャーが広がっており、タテヒダ中心なのも現実的です。

侵入してみると、挿入口自体にそれほど強い締まりはなく、キュッと軽く吸い付く程度です。

しかし、その先にあるヨコヒダ地帯に差し掛かった途端、ヒダがギュギュッとペニスを捉えてガッツリ摩擦。

直接的な射精感の蓄積も、ここをメインに成される印象です。

つづく“下部直腸ステージ”は、タテ筋メインの内壁。

感触は鮮明ながらもヌメーッとなぞるような刺激はどこかやさしく、クリーミーな味わいです。

この辺のマイルドな特性もけっこうアナルっぽいので、日頃から本物のアナルセックスを好んでプレイしているユーザーであっても、まずまず満足のいく仕上がりなんじゃないでしょうか。

最奥にある“上部直腸ステージ”は、タテ筋と小さい粒のようなヨコヒダを組み合わせた、複合型テクスチャー。

亀頭が敏感な方なら、ここでグリグリ撫で回すのも一興でしょうが、最初のヒダと比べるとささやかな快感刺激のため、大きくストロークしていると、どうしても霞んでしまいがちなところが、少々もったいなく感じました。

内部全体でタテ筋率がやや高いものの、序盤のヨコヒダが効果的に作用するため、射精力はそこそこ優秀。

取り回しやすく、激しいストロークも余裕ですから、その気になれば即ヌキにも十分対応します。

極上括約筋 バージンプレッシャー」や「性徒会長」のような、括約筋をイメージしたリングこそありませんが、肛門付近がこれだけギュッと締まっているなら、“AFの疑似体験ツール”としても申し分ない実力でしょう。

パートナー女性に対し、その日の気分でおもむろにアナルへ挿入するのはまず許されない行為ですが、本作であれば、そんな「ちょっと変わった刺激が欲しい」という要望にも気軽に応えてくれます。

何よりアナルっぽさを備えつつ、オナホとしても普通に気持ちいいというのがワンダフルで、費用対効果もベリーグッド。

AFの雰囲気を味わってみたいだけのユーザーには、ぴったしコンな1本ですね。









■アナル解禁!!ギャルビッチ






0
タイトルとURLをコピーしました