狭穴ぐちゅリクション  誰にでも安心してオススメできる性能&価格

オナホール




■狭穴ぐちゅリクション









存在感ある肉厚ヒダが繊細に絡みつく快感!
誰にでも安心してオススメできる性能&価格



今や国内オナホのトップブランドに成長したRIDE JAPAN。

メーカーが直接公言しているわけではありませんが
RIDE製品は価格帯によってAクラス・Bクラスに分かれており
NLSの新商品枠でご紹介するのは、おおむね1000円以上のAクラス商品です。

もちろん、1000円未満のBクラスにも優れたオナホは揃っており
その代表格が「バンジーシェイク HARD」や「微貫通名器ちつピタロォリンコ
肉ドン!パイピーナ」などで、今回ご紹介する本作もこちらに属します。

価格が低めに設定されているぶん、ボディサイズもちょっと小さめ。

素材は安定のバンジータッチなので不満はなく
硬度バランスも相変わらず良好なのですが、小型ゆえの肉薄感は否めません。

内部構造は極太ヒダに細かい溝が刻まれた、ミミズのような加工がメイン。

狭めの穴にワームが蠢くビジュアルは、「肉ドン!パイピーナ 縦波ミート」や「天下一穴」などでも好評で
「これが売れなきゃ一体何が売れるんだ?」というくらい、テッパン化したギミックといえるでしょう。

実際に挿れてみても、表面の細かなヒダがV溝のようにゾゾゾっとした刺激を伴いながら、ペニスを這い回ります。

ただ、見た目よりも複雑さはなく、感触としては目の細かいヒダ系オナホのそれ。

素材が柔らかいため全体的にはソフトタッチであるものの、ぐちゅぐちゅの膣穴の中でV溝感とは別に
ときどきプリッとした太ヒダの擦れる快感が顔を出し、2つの刺激が上手く共存している印象でした。

マイナス要素はボリューム不足のためか、ヒダの表面的な刺激に終始していること。

肉厚な素材の圧力がもたらす
ペニスの芯にまでジワリと染みるような快感の奥深さがなく、よくも悪くもライトな特性です。

また、テッパンの内部構造であることは、同時に“新鮮味がない”というデメリットにも通じますが
これに関してはエントリーユーザーに対して、“良質なモノを低価格で提供できている”と考えれば、市場価値は十分高いのかもしれません。

安心のバンジータッチ素材と、安定のワーム系構造を採用しながらも、ググッと低価格に抑えた、非常にコスパのよいオナホです。

とりわけ、ビギナーがいろいろなタイプを試したいと望んだときに、品質と射精力の両面でプッシュできる性能といえ
ベテランユーザーでもワーム系が未体験ならば、お試し感覚で気軽に買えるのが、Bクラスならではの利点じゃないでしょうか。








■狭穴ぐちゅリクション








0
タイトルとURLをコピーしました