超ド変態アイドル まりなちゃん  2穴ともにソツのない構造で腰振りも快適

オナホール



■超ド変態アイドル まりなちゃん








総合力で勝負するグラマラスな変態ボディ
2穴ともにソツのない構造で腰振りも快適



アウトビジョンの新コラボブランド・MOUSOU-TOYSが、老舗メーカーのKiss-me-Loveとタッグを組んで、据え置きクラスのトルソー型オナホールをリリースさせました。

文字で埋め尽くされたAVのジャケ写を思わせる、アイドルキャラ設定のパケは、男の欲情を刺激する工夫が多く、なかなかの訴求力。

しかし…肝心の中身に至ってはどこにもアイドル要素がなく、オナホ本体とは無関係の“完全なる後付けコンセプト”であることがうかがえます。

3kg越えの大型ボディは、グラマラスでとても美しい造型をしているものの、乳首はただの塗装ですし、今どき単素材というのも物足りません。

全体的に手が込んでいるとはいい難いつくりに、どうしても割高感を覚えてしまうのでした…。

素材は普遍的な人肌系で、ニオイ・ベタ付きは控えめ。

もちろん、大きいので使用中はそれなりに油分を感じますが、不快さはほとんどなく、ちょっと硬めのバインバインしたハリのある弾力も好印象です。

ヴァギナとアナルの2穴仕様で、膣側はタテヒダ、アナル側はイボがそれぞれ主軸。

どちらもシンプルなストレート穴を採用し、よくいえばスタンダードな万人向け構造なのですが、どうにも大雑把な感じは否めません。

また、据え置きタイプなのに挿入口が水平で、そのままだと腰振りしにくかったものの、変に骨格や芯材などが入っていないぶん、仰け反らせる体勢が取りやすく、これくらいの重量なら扱いに困ることもありませんでした。

快感性能に関しては、膣側は挿入中のタテヒダがソワソワと撫で上げるような刺激を形成。

奥にはイボ地帯もありますが、ここは竿をシゴくというよりも、亀頭やカリ周辺の敏感ポイントを責めるのがメインです。

この繊細かつジワジワと蓄積されていくタテヒダ刺激は、リアル寄りとも捉えられる一方、深部を含めてちょっと起伏に乏しく、ハッキリした手応えに欠けるのも確か。

少なくとも高刺激好きの人には合わないでしょう。

対するアナル側は、膣よりも大粒のイボがビッシリ並んでおり、侵入したペニスにしゃぶり付くように絡みながら、竿をゴシゴシ洗います。

程よく伸縮する素材の影響で、イボの感触はコリコリというよりもプニプニ。

この豊かな弾力と柔らかさを兼ね備えたイボ群によって、つねに輪郭のハッキリした快感を楽しめるのですが、コチラもやや変化に乏しいのが惜しいところ…。

ただ、単純刺激でいえばヴァギナよりも射精力は高いので、サクッとヌキたい時などは、アナルが活躍してくれそうです。

総じて本作は、ハズレの多いKiss-me-Love製品にしては、まずまずのパフォーマンスを備えた、悪くないオナホールだと思います。

ただ…大きなマイナス要素がないと同時に、本作ならではの魅力というのも見当たらず、ハンディオナホのように気軽に買える価格でもないため、やはりポチるのに躊躇いが生まれるのも確か。

競合する据え置きトルソーには、「すじまん くぱぁ! ココロ」や「半熟サキュバス サキュエムトルソー しぃし~」、「ぷにあなSPDX」などがあり、いずれも独創的なコンセプトが光る凝ったモデルばかり。

それらと比べると本作はどうしても見劣りしてしまいがちで、快感性能的には決して悪くないんですが、ライバルに勝てるアドバンテージもないため、NLSとしては推しにくい…というのが正直なところ。

まぁ、あとはこの“超ド変態アイドル”という後付けコンセプトに心を揺さぶられた御仁なら、プレイ中の妄想込みで楽しんでいただけるかと思いますので、それらをまるっと承知の上で買ってみてくださいな。








■超ド変態アイドル まりなちゃん






0
タイトルとURLをコピーしました