ロリアル・バキュート  キツめの挿入口でリアル幼女を体感せよ

オナホール




■ロリアル・バキュート









硬質ボディと柔らかな内壁の2層構造!
キツめの挿入口でリアル幼女を体感せよ



maccos japanの中でも変態紳士なユーザー層に人気のある据え置き型オナホール“ロリアル・アラモード”。
本作はその非貫通バージョンです。

ボディは「はんじゅくっ!」や「妖態成熟」のような2層構造。

とりわけ本作はインナーとアウターの硬度差が激しく、メーカー資料によるとその硬度比は約2倍。

実際に触ってみてもアウターがやたらとブリブリで、そのギャップによってインナー素材を柔らかく感じました。

アウターが硬質なせいか、素材のニオイやベタ付きはごく軽微です。

油分が少ないため扱いやすく、約2kgというサイズもストレスなく腰振りできるギリギリのライン。

据え置きタイプが欲しいけど、取り回しやニオイなどの快適性が気になって手を出せない…という方に、本作はちょうどよくマッチしそうです。

この手のバージョン違いは通常、内部構造まで変えないのですが、本作はベースモデルの“アラモード”からノックを一新。

前後穴ともまるで異なる壁面加工を採用しています。

おそらく、非貫通式にしてバキューム強化を狙ったため、穴を広げて空気の入る余地をつくりたかったんでしょうが、残念ながら本作は、このノック変更が思いっきり裏目に出ている印象。

具体的には、ヴァギナ・アナルともに“アラモード”よりも単調な構造になってしまっていて、どちらもひと昔前のオナホのような古臭さです。

モニタリングしてみても、膣側の球状空間が密着感を薄めていたため、バキュームさせようとしたところ、今度はアウター素材が硬すぎて潰れず、十分な吸引力を発揮できないという、本末転倒な事態に…。

おまけにこのゴリゴリ硬いアウターは、挿入口もギッチギチにキツくしてしまっていて、ほかの繊細な刺激をすべて霞ませてしまうほどの存在感。

ギチギチ系が好きな方ならハマる可能性もありますが、それにしても1点の締まりが強すぎて、柔らかなインナー素材までスカスカに感じてしまうのは、どう考えてもバランスが悪い気がします。

対してアナル側は、このキツめの入口と奥のユルさがアナルっぽさを際立たせているため、結果オーライ。

が、やはり単純なヒダの連続は飽きやすく、穴の位置も膣より腰振りしにくい場所にあるので、快感性能に関しても少々物足りなさが残りました。

うーん…これまでのマッコスは、あまり奇をてらうことなく、凡庸でも実用性を重視した安定感の高いオナホをつくってきたと思うのですが、本作に限っては、なぜかデッドボールすれすれの危険球な感じ。

仕様的には「妖態成熟」に近く、コンセプトとしては「ぷにあなDX」と競合する、幼女系のコンパクトな腰振りモデルですが
オナホとしての快感性能はどちらにも及ばず、むしろベースである“アラモード”より劣っている可能性すらあります。

グラム単価で考えれば、マッコスらしい割安感はあるものの、肝心のパフォーマンスが備わっていないため、費用対効果は及第点。

キュートなパケ絵やボディ外観にズッキュンきちゃった人じゃない限り、本作の購入は慎重に判断した方がいいでしょうねぇ…。








■ロリアル・バキュート








0
タイトルとURLをコピーしました