HON-MONO ハード  刺激強度が増してもリアル志向は揺るがない

オナホール



■HON-MONO ハード








ヒット作の名にふさわしい絶妙な硬度調整!
刺激強度が増してもリアル志向は揺るがない


天下一穴」や「温泉欲情」と並んで、長きに渡ってランキング上位に君臨しつづけている、Gプロジェクトの「HON-MONO

柔らかい素材と硬質な子宮パーツの組み合わせが素晴らしく、その名の通り、挿入感も超リアル…ということで大人気だったモデルですが、ついにその本物志向オナホに“ハード版”が追加されました。

いやね…もともとリアル系で評判がよかったモノの硬度バランスを崩して、新しいユーザーを取り込もうってのは、かなり難易度の高いハナシであって、メーカー担当者も開発するのが大変だったと思いますよ。

でも、本作をはじめて手にしたとき、自分は思わず「おお~、すげぇ…」と感嘆しました。

それほどこの硬度バランスが絶妙で、前作との棲み分けも完璧にできていたからです。

確かにハードになったぶん、リアリティが減ってオナホっぽさが前面に出ているんですけど、これはこれで新バージョンとして“HON-MONOワールド”を広げる役割を果たしていると思うのです。

さらにいうと、これくらい締まる女性なら、ごく稀ながらも存在はしますから、「現実離れしている」とはいい難く、そういう意味では“本物志向”というコンセプトからも外れていないような気がしました。

素材は前作同様、ほぼ無臭。

スタンダード版の手触りはちょっとだけオイリーでしたが、ハードになったことでそれもなくなり、快適性は全オナホールを見渡しても上位にくる実力といえます。

硬度は当然、ハードの名に即したハリと弾力です。

あくまで感覚値ですが、スタンダードと比べると、大体2.5倍くらい硬め。

ただ…最奥にあるポルチオパーツは、1.5倍くらいの硬度アップに抑えられており、子宮への突入感が激しくなりすぎないように配慮されている印象。

そのため、本作はボディ全体よりも子宮の方がソフトかもしれません。

なだらかにカーブする穴も前作そのままで、侵入するとそこに刻まれた大きめのヒダひとつひとつが、未舗装の道路のようにペニスをプリプリと元気よく弾いてきます。

前作のようなネットリと絡み付く快感は失われているものの、適度に強い締め付け感の中で、ペニスの芯がゴリッと擦られる高弾力な刺激が気持ちよく、さらに引く抜く時にはポルチオが引っ掛かるような、舌で舐められるような衝撃がカリに走り、これもなかなかの快感。

まぁ、もともとソフト素材を前提につくられている構造のため、硬くしたところでライバルのような攻撃力は発揮できていませんが、それでもカーブによって裏スジを強く擦りつける刺激などは数段アップしており、それに応じて射精力も確実に底上げされています。

そして…前述したように、この特性は“スタンダード”となった前作とはまるで別物。

どっちがよい・悪いではなく、あくまでバリエーションのひとつとして、両者を使い分けて楽しむのが正解といえるでしょう。

HON-MONO」のセールスポイントであった“リアリティ”が影を潜めたぶん、本作は競合との差別化に苦労しそうですし、それゆえに前作を越えるようなメガヒットには至らないかもしれません。

しかし、オナホとしてのパフォーマンスはとても素晴らしく、金額に見合うだけの価値は十分感じられたので、前作ファンや発売前から気になっていたハード志向の方は、どうぞ安心してお買い求めください。








■HON-MONO ハード






0
タイトルとURLをコピーしました