ぷにあなばーじん  連続ヒダを伴いながら裏スジへ強烈アプローチ!

オナホール



■ぷにあなばーじん








連続ヒダを伴いながら裏スジへ強烈アプローチ!
扱いやすいサイズで刺激の多様性も遥かに向上!


アウトビジョンの据え置き型幼女系オナホール「ぷにあなDX」が、同社の別ブランド・Gプロジェクトと夢(?)のコラボ。

「ぷにばーじんシリーズ」で評判の高い素材“momochi”を用いた2重構造へと進化し、あえて扱いやすい大きさにサイズダウンしたことで、かつてない使用感の“ぷにあな”へと変貌を遂げました!

うーん…このGプロ独自の優良素材を使うのは歓迎なのですが、もともと腰振り仕様である「ぷにあなDX」をわざわざ小型化する意味ってのは、どこにあるんでしょうね?

想像するに1kg前後という、国内オナホの中でも最も手薄なサイズ区分に“ぷにあなブランド”を持ち込みたかったのと、サイズを抑えることで高額化するのを避けたんじゃないでしょうか。

素材特性は実績通り、かなり優秀です。

ニオイ・ベタ付きは軽微ですし、アウターのぷにっとした弾力感もグレイト。

それでいて伸縮性もシッカリ確保されているため、バランス感覚に優れます。

ピンク色のインナー素材に関しては、アウターとあまり明確な違いはないものの、やや硬めでコリコリした感触が際立っている印象です。

内部構造は前半がわりとシンプルなのに対し、後半は11本ものタテヒダがウネウネと亀頭を責める設計で、けっこうクッキリしたアクセント系の刺激特性です。

穴はゆるやかにカーブしていますが、普通に使っている限り、この影響はほとんど感じられませんでした。

一方、これも小型化の影響か、挿入口のブリブリした締まり具合から、狭い膣内にずっぷりペニスをねじこむような手応えはいかにも幼女らしく、ぷっくりイカ腹のボディ造型と相まって、変態紳士なら興奮度は爆上がり!

さらに前半上部の細かな連続ヒダは、さわさわとソフトなタッチで心地よくペニスに絡み、反対側の裏スジを擦る一本のピンクヒダも、これまた絶妙な圧迫感を伴いながら、ゾ・ゾ・ゾっと敏感ポイントを撫で上げます。

内部の締め付けはそれほど強くありませんが、複数の刺激が混ざり合いながら濃淡を変えつつ流れるため、すぐには飽きがこないのも美点。

加えて、両手でのストローク中、ボディを少し潰すようにして強くグリップするだけで、かなり刺激が増すのも高く評価したいですね。

総合的に見ると射精力自体は標準レベルなんですが、腰の動きも混ぜたピストンを楽しんでいれば、必然的に絶頂へと到達できる、地味だけど快感バランスのよさが光るオナホールといえます。

ただし…やはりこの中途半端なボディサイズは、競合が少ないだけあって落としどころが難しいらしく、本作も人によって好き嫌いがハッキリ分かれそう。

片手持ち、据え置きともにやりにくいので、基本は両手持ちになりますが、プレイ中は腕が引き締まるのを実感するほど負荷が高く、本作で射精するたびに上腕二頭筋が鍛えられるかもしれません(笑)

それでも、視覚効果を含めた“ぷにあな”らしさは遺憾なく発揮できていますし、「ぷにあなDX」との単純比較なら、刺激の多様性、繊細さ、心地よさなどにおいて本作の方が圧倒的に上位です。

まぁ、半分以下のボディサイズを考えるとグラム単価で劣るものの、「Gプロファン」、「幼女マニア」、「ぷにあな好き」のどれかに該当する方なら、買って損することはまずないかと思います。








■ぷにあなばーじん






0
タイトルとURLをコピーしました