セブンティーン アルファ  序盤の弾力ヒダが撫で回すだけで射精欲が上昇↑

オナホール



■セブンティーン アルファ








序盤の弾力ヒダが撫で回すだけで射精欲が上昇
子宮口に搾られるフィニッシュは生膣級の快感!


トイズハートで人気のある「Age(エイジ)シリーズ」の中でも、別格級の知名度と販売数を誇るのが、初代を含めた「セブンティーンシリーズ」

これまで「セブンティーン エボリューション」と「セブンティーン ボルドー」という2種類の派生モデルが誕生し、両者にはソフト版も用意されているため、計5作品というラインナップでした。

そして今回…2016年発売の「セブンティーン ボルドー ソフト」以来となる、6番目の「セブンティーンシリーズ」が、ついに降臨ッ!!

メーカーの代名詞的シリーズですから、さぞかし気合い入ってるんだろうと思いきや、手にしたオナホは何の変哲もない“ごくフツーの外観”で、ホントにこれが最新モデルなの?…と、ちょっと心配になったほどです。

ボディは250gちょいと、お手軽かつ肉薄すぎないジャストサイズ。

歴代のシリーズと同じ、ファインクロス素材を採用し、ニオイやベタ付きのない、業界トップレベルの快適性を実現しています。

硬度バランスは中庸ながら、挿入口が大きいせいか、半勃起でもOKなほど挿入はイージー。

が、中盤にある子宮口ギミックがけっこうキツキツなので、奥まで貫くためにはフル勃起が求められます。

内部構造は穴の形状、テクスチャーともにビジュアルが非常に地味で、ハッキリいってしまうと、目新しさもワクワク要素もありません。

しかぁし!

オナホというものは見た目よりも実力が何より大事。

本作はこの肉シワのような前半のヒダが、挿入中もハッキリと形状を保ちながらゾワゾワとペニスをいやらしく撫でまわし、そのたびに神経を鋭敏にさせていくような効果をもたらします。

この微細な彫りのみが施された序盤だけでも、弾力豊かな肉ヒダのおかげで着実に射精感が積み上げられるのがマーベラス。

さらに中盤の“パイプギミック”という子宮口に至ると、キュウッと強く締め付ける、やや人工的な刺激が発生。

有機的な生膣感とは異なるものの、前半の快感特性とは調和が取れており、ごく自然にステージ遷移できます。

ウテルスの入口をコンコン突いてはズムッと侵入…といった感じで、リズムよくピストンするのもいいですし、子宮口付近の繊細なヒダに亀頭を嬲られながら、パイプギミックの絶妙な侵入感を、ゆっくりめのストロークで味わうのもオススメ。

いずれにしても射精力は十分すぎるほど優秀です。

「セブンティーンシリーズ」は初代から子宮口をウリのひとつにしていますが、本作もほかのパーツと調和の取りにくそうなこのギミックを、よくこれだけ一体感のあるものに仕上げたなぁ…と目からウロコ。

それでいて、フィニッシュで最奥を突いた時などは、この子宮口がギューッとペニスを圧迫するように締め付け、独特の搾り取られるような快感も得られるのが、どことなく生身の女性っぽくて個人的には大満足でした。

相対的にはやや高刺激寄りの特性で、多少のクセはあるものの、さすがセブンティーンの名を冠しているだけあって、けっして大味ではない繊細さに富むフィーリングにスタッフ一同脱帽です。

いやぁ、疑ってゴメン…。

相場を考えると設定価格は相変わらずお高めですが、それを余裕で上回るパフォーマンスを備えているため、全然許せちゃいます。

「セブンティーンシリーズ」のファンはもちろん、未経験の方もぜひ一度、この新たな名作の驚くべき性能を、その竿で味わってみてください。







■セブンティーン アルファ






0
タイトルとURLをコピーしました