クチマン  禁断の男フェラを体験できる希少種

オナホール



■クチマン








禁断の男フェラを体験できる希少種
性嗜好が適合するならマストバイ!


A-Oneより「ケツマンシリーズ」の流れをくむ、ゲイ向けフェラホールが誕生。

髭面のセクシーなメンズが誘惑するパッケージにムラムラくる男性は、意外とそこかしこに潜んでいるかもしれません。

実際、マーケティング観点でいっても、国内市場におけるLGBT向けの商品は、昔から一定数の根強い需要があるといいます。

オナホールにしても、真性のゲイは女性がパッケージを飾っていると萎えてしまって手を出せないことも多く、そういう方々からすると、本作や「ケツマン」のような振り切ったモデルは、やはり大歓迎なのでしょう。

ボディは単素材でコンパクト。

色合いも女性的なカラーからは遠ざかった、濃いめのペールオレンジで、ぶ厚いクチビルと卑猥に垂らした舌の造型が、男性特有の下品さを醸し出しています。

内部構造はイボ中心。

一般的なフェラ系オナホのように口腔内を再現している感じはなく、舌パーツも動かないので、見るからにフェラチオっぽさは希薄です。

同じゲイ向けオナホでも、その昔、業界をザワつかせたRENDSの「ぜったいイカせる男タクヤ 超テク完全再現。」とは、だいぶ趣向が違いますね。

ところが本作…ペニスを突っ込んでみると、予想外にフェラっぽさがあって、ちょっとビックリ。

とくにシッカリ空気を抜くと、内壁全体が吸い付いてくるのがバキュームフェラっぽく、奥にある大きく隆起した部位がグリュッと擦れて、“ノド輪締め”のように作用するのも、けっこうな快感でした。

全体的に刺激はそれほど強くなく、射精力も“中の下”くらいですが、密着したイボ加工がザラリと舐め上げる感触や、小さいヒダがスコスコとした弱い刺激を断続的に与えてくる特性は好印象。

ただ、これが「男のフェラチオを再現しているか?」と問われれば、答えはNO。

というか、本作はあくまで“フェラっぽい”だけで、本物のフェラ刺激とはかなり毛色が違うため、リアリティを重視する方には向かないかもしれません。

でもまぁ…本作に食指が動く方に、そんなレビュー内容なんて関係ないですよね。

そもそも自由に選べるだけの選択肢なんてありませんし、数あるオナホの中でも、「ゲイ」と「フェラ」の2条件を満たすのは、NLSじゃこれだけです。

マイノリティ狙いのモデルにしちゃ、足元を見た価格でもないうえ、普通に抜ける性能は有しているので、ビビッときた方は遠慮なくどうぞ♪









■クチマン






0
タイトルとURLをコピーしました