つるはだ三つ編み乙女 KUROGANE  硬質素材と三つ編みヒダの絶妙なバランス

オナホール




■つるはだ三つ編み乙女 KUROGANE









硬質素材と三つ編みヒダの絶妙なバランス
ロケット上等!の高刺激特性がクセになる



RIDE JAPANとのコラボで話題となった、フィルワークスの「つるはだ三つ編み乙女

本作はそのハード版です。

ホントにここ最近、こんなのばっかりで、レビューする方も飽きてきましたわぁ…。

フィルワークスの硬質版は、すべて“KUROGANE”というバージョン名が付いています。

記憶に新しいのは「処女膜無双 KUROGANE」で、あちらは硬質なアウターと粘膜素材を組み合わせた2重構造でしたが、本作はRIDE製のためか、普通のハードタッチエアを採用した、単素材です。

定評のある素材なので、ニオイやベタ付きはほとんどなく、硬度バランスもギッチギチの硬めではありますが、いい塩梅。

処女膜無双 KUROGANE」のときはヒダが大きすぎて、貫く抵抗の強さに面食らいましたが、本作の内部構造はそれほど過激じゃないので、このハード素材との相性も悪くないように思えます。

ただ…相変わらずボディが短寸すぎて扱いにくいです。

スタンダードでは底をぐにょーんと突き破るような、強引なストロークもできましたが、本作は硬すぎて阻まれるため、それもできなくなっています。

そのため、奥まで挿れられない物足りなさは少し残るものの、硬くて狭い膣道が終始ギュウギュウに圧迫してくる締まりのよさと、本物さながらの繊細さを備えた三つ編み髪のヒダで、撫でるように弾くようにペニスをシゴく摩擦刺激とのバランスは、なかなか秀逸。

硬質化によってわずかに刺激が粗くなった印象を受けますが、そのハイレベルな射精力を含めて、ハード版としてはまずまず成功しているモデルのひとつ、といって差し支えないでしょう。

小さくて硬いゆえ“デカチンお断り”な性質は強いものの、「ロイヤルストレートクラッシュ」ほど振り切ってもいないため、ハード系未体験の方がお試し感覚で突っ込んでみるのもアリかと思いますよ。








■つるはだ三つ編み乙女 KUROGANE








0
タイトルとURLをコピーしました