生生生(なまざんまい)  リアルな生膣感を目指した快感特性

オナホール




■生生生(なまざんまい)









新興ブランドながら手堅い設計&素材感
リアルな生膣感を目指した快感特性も◎


Teppenという比較的新しいブランドからリリースされた、Mクラスのハンディオナホール。
生々しいリアル造型が特長の2重構造ボディで、パッと見た感じはNPGの“品格・証明シリーズ”を小型化したような印象です。

素材は“もちぷりスキン”と名の付いた、ややハリがあってプリプリした硬度バランス。

ニオイ・ベタ付きともにほとんど気にならず、快適に扱えるところも、なかなか優秀です。

穴はごく普通のストレート。

内壁にはデコボコとした有機的な加工が施され、ちょっとだけリアルな生膣感はあるものの、素材の弾性が強すぎるため、どうしてもオナホ感の強いフィーリングに掻き消されてしまうのが、「じつにもったいない…」と思いました。

実際、挿入直後は粒になりきれていないような、今ひとつハッキリしないテクスチャーなのですが、ストロークしていくとひとつふたつクッキリと知覚できるポイントがあり、このピンとカリを弾くような引っ掛かりが、メイン刺激。

ただ、これがヒダのようにネットリ絡むわけでもなく、ハリのある素材にプリッと弾かれるだけなので快感値は低く、この刺激特性こそが生態的なリアリティを損ねている要因にもなっています。

また、最奥の子宮ゾーンにしても、一般的なポルチオ系オナホと比べ、かなり淡泊。

一応、スポッと亀頭が飲み込まれはするものの、どうにも物足りなさが残り、射精感が高まってくれない、もどかしさを覚えました…。

うーん…全体的にとても惜しい性能です。

素材をもう少し柔らかくして、ネットリとした密着感を高めるか、内部構造にもうちょいメリハリを付けて、ヒダやイボの摩擦感を強化するか…どちらか一方に寄せるだけで、ガラッと印象は変わったでしょう。

価格に対するパフォーマンスでいえば、決して粗悪ではないものの、RIDEをはじめ、今や安くて良質なオナホは市場に溢れていますから、どこを取っても凡庸でしかない本作を選ぶ理由は、ほとんどなさそう。

まぁ、新興ブランドを応援する意味合いも含め、お試し感覚で遊んでみるか…くらいのスタンスが、ちょうどいいんじゃないかと思います。








■生生生(なまざんまい)








0
タイトルとURLをコピーしました