絶頂! 爆転フェラボンバー  低速トルクを重視し、ジワジワ責めを実現

オナホール




■絶頂! 爆転フェラボンバー









低速トルクを重視し、ジワジワ責めを実現!
お手頃価格で楽しめる電動回転フェラマシン


この世に存在するすべての回転式電動オナホールは、R-1シリーズの「A10サイクロン」以降が第1世代、VORZEの「A10サイクロンSA +PLUS(プラス)」が第2世代と明確に分かれています。

そして、VORZEマシンに並ぶ、第2世代のサイクロン機は未だ現れておらず、ヨコ回転機構を採用するその他の既存電動オナホは、すべて第1世代に留まっているのが現状といえるでしょう。

そんな中、GOLDENからリリースされた本作は、結論から申し上げて“1.5世代”といえるモデル。

VORZEには届かないまでも、既存マシンの不満点を見事に解消した、低速強化型のサイクロン式オナホールなのです。

開発には例によってRENDSが技術コンサルティングをしているらしく、従来の回転式が抱えていた一番のウィークポイントである“低速時のトルク不足”を解消。

具体的には、ソフト側で低速時にパワーを出すようフィードバック制御しており、この新技術のおかげで多少の負荷が掛かっても止まることなく、ジワジワとした摩擦感を楽しめるようになっています。

素晴らしいのは、これだけ優れた技術と性能を備えながらも、本作はあえてベーシック路線を選び、安さをトコトン追求しているところ。

塗装すらない本体はややチープに見えるものの、実用面にまったく影響はなく、バッテリーレスの外部給電仕様にしたため、電動オナホにしては驚くほど軽量&コンパクトです。

また、RENDSの協力を受けているだけあって、付属するカップ型アクセサリが、「A10サイクロン」のメデューサヘッドにそっくり。

さらに、あっちの専用ホールが本作でバッチリ使えちゃう点も、おそらく確信犯じゃないかと思いました。(※)

そんなわけで本作は、ヨコ回転式マシンの中では“1.5世代”と呼べるものの、使用感としては「A10サイクロン」を大きく越えているわけでもなく、あくまで“低速トルクを克服した後継機”という感じ。

RENDS側としても、家電レベルまで突き抜けたVORZEマシンに対し、本作はまだまだ“おもちゃレベル”であり、そうした住み分けができているからこそ、安心して技術提携しているのではないでしょうか。

実際に使ってみても、やはり外部給電によるコードの存在が煩わしく思えましたし、R-1サイクロン同様、亀頭周辺しかカバーしてくれないので、今となってはちょっと古臭い印象を受けます。

しかし、その一方で…確かに低速時のトルクは頼もしく、ゆっくりジワジワと射精感を高められる悦びがあるのに加え、従来モデルにはほとんど見られなかった“ランダム回転”が楽しめるのも魅力的。

ランダムモードでペニスを挿れっぱなしにしていると、ジワジワ舐めるような動きから、急に反転しての高速トルネードなど、予想のつかない抑揚のある責めを披露してくれるため、いつまでも飽きずに遊べます。

そのうえ、付属アダプタでAC電源接続すれば、どんな速度域でも止まることなくシゴきつづけてくれますから、亀頭派&ロングプレイ派にとっては夢のようなオナニータイムを享受できるんじゃないでしょうか。

グレードからいっても、ハイエンドな「A10サイクロンSA +PLUS(プラス)」の快感性能には敵わないものの、従来の第1世代マシンは間違いなく越えている、いわば“A10サイクロンの上位互換モデル”です。

このスペックと快感性能を考えれば、価格設定はかなり良心的といえ、コスパも良好。

とくに初心者の“電動オナホデビュー”にイチオシしたい、かなりよくできたオナニーマシンですよ。

※【ご注意事項】

NLSで独自に調査したところ、すべての「A10サイクロン専用アクセサリ」が流用できるわけではなく、“カップと本体の磁極(S極とN極)が適合するもの”のみ装填できるようです。

また、「A10サイクロン専用アクセサリ」の磁極はランダムに製造されているため、お手元のアクセサリが流用できるかは保証できません。

あらかじめご了承ください。








■絶頂! 爆転フェラボンバー








0
タイトルとURLをコピーしました