極選フェラDX 小倉由菜  震える舌がペニスに絡んでしゃぶり尽くす

オナホール




■極選フェラDX 小倉由菜









本物サイズにボリュームアップして迫力満点
震える舌がペニスに絡んでしゃぶり尽くす!


エンジョイトイズから「極選フェラ あやみ旬果」につづく、リアル系フェラホールの第2弾(DXバージョン)が誕生!

前作よりも1.4倍ほど大きくなった、約1kg級のボディは、もはや本物の女性サイズに近く、その生態的なビジュアルも相まって、おそらく“世界で一番リアルなフェラ型オナホール”といえるんじゃないでしょうか。

素材は少し柔らかめで、ボリュームのせいかニオイもベタ付きも標準以上。

とくにこのオイリーな手触りは、最近の超さらさらオナホに慣れているユーザーには、不快度MAXかもしれません。

口腔内にはネットリとした粘膜系の素材を採用しており、このソフトな感触の下にギミック用の硬質なフレームがあるところなどは、奇しくも本物の骨と歯肉のような関係といえ、非常にリアリティがあります。

その新ギミック…前作はまるで入れ歯のような顎関節パーツが、多段階に開閉できる仕様でしたが、本作はさらに舌プレートを追加し、プレート後方にはローターポケットも装備。

プレートの操作で舌パーツを自在に動かせるだけでなく、付属ローターによって、同時にプレートから伝わる振動刺激をも楽しめるよう、劇的なバージョンアップが施されていました。

穴は口内から喉奥まで、やや上向きに伸びています。

おそらくプレート付きギミックの影響でしょうが、ストロークなどの実用面に問題はなく、内壁もごく浅いヒダ・イボが並ぶリアル系です。

ただ、それゆえに挿入時の刺激はやや淡泊で、ネットリ絡みつく粘膜感の中に、ときどきヒダがプツプツとカリ周辺を弾く感触が知覚できる程度。

ザラッとした舌が裏スジを舐め上げる快感や、柔らかな口内に包まれる心地よさなどはあっても、射精感を高める強烈なアクセント刺激に乏しく、高刺激系に慣れたハード志向ユーザーには物足りないでしょう。

そして…ある程度予想はしていましたが、ウリにしているバイブレーション機能も、プレートによって振動が伝わりやすいよう工夫はされているものの、さすがにローターから舌先までが遠すぎて、パワーを最大にしてもほとんどないに等しい微振動しか感じられませんでした。

前作同様、開口時のインパクトは凄まじいものがありますし、新しい顎関節ギミックも含め、本物さながらの口腔加工など、数々の高度な技術によって成り立っている、とことんリアルなフェラ型オナホールです。

現行フェラホールの中じゃ一番高額ではありますが、その精巧な造型や凝ったギミック、充実した付属品とボリューム感、女優さんへのインセンティブなどを考えれば、まぁナットクできない金額じゃないでしょう。

しかし…オナホにとって一番重要な快感性能を主軸に考えた場合、この価格が“得られる気持ちよさ”に見合っているかは、甚だ疑問。

本物志向のフェラ再現オナホとして、ライバルを寄せ付けない独自性と存在感は認めますが、それだけのためにこの対価を払えるユーザーは、決して多くはないだろうなぁ…と思いました。








■極選フェラDX 小倉由菜








0
タイトルとURLをコピーしました