すごまん娘  動く中指とリアルな造型に興奮度MAX!

オナホール




■すごまん娘









動く中指とリアルな造型に興奮度MAX!
緻密に設計されたヒダ群の射精力に驚愕


扇情的なタッチで人気の激エロ絵師・尾髭丹(おひげたん)が、またまたパケ絵を担当したA-Oneの…ん? あれ? A-Oneじゃない…だと?

えーっと…スイマセン。

この方、すっかりA-Oneのイメージが定着していましたが、今回はエンジョイトイズとのコラボでした。

“すごまん”と付いているところを見ると、「すごまんシリーズ」の最新作みたいですね。

ボディはこれまた変わったコンセプト。

大事なところに中指を突っ込んだ、女の子の“指ずぼオナニー”を再現した目新しい造型で、中指が自在に動かせるところも妙に凝っています。

約600gものボリュームがあるため、手指も実物サイズに近く、オナホにリアリティを求める方にとっては、素晴らしい興奮材料になりそう。

ちなみに自分は、紙袋に入れて“吉良吉影ごっこ”がしたくなりました(笑)

素材は硬度・弾力・伸縮性ともに、いい意味で中庸というか…とても優れたバランス設計です。

サイズのせいかニオイと油分はやや強めですが、不快になるほどではないので、許容範囲といえるでしょう。

穴は少し上下にカーブした2重構造。

そこそこ厚みのある粘膜質なインナーは、指やペニスなどの侵入物を捉えると、キュウウと吸い付くような独特のフィット感を発揮して、これがなかなか気持ちいいんです。

さらに深く挿れてみると、カサ高のわりにソフトな肉襞が、やさしく絡みついてきます。

狭穴のため密着感と掻き分ける感触が濃厚で、奥にあるヒダ群も微妙な刺激の変化を生んでいるせいか、ヒダ一色なのに単調さはほとんど感じませんでした。

とりわけ本作は、1ストロークにゆっくりと時間を掛けるほど、柔らかなヒダの先端が捲れ上がるようにしてペニスをシゴきます。

負荷も少なく、ヒダの角度や密着度の違いによる繊細な変化も楽しめることから、非常に普遍的かつ良質な快感性能といえるでしょう。

もちろん、スピードを速めれば即ヌキができるほどの射精力も持ち合わせており、そうした快感刺激のレンジをコントロールできる点も、本作ならではのセールスポイントじゃないかと思いました。

気になる中指については…意外なことに、ほとんど快感パフォーマンスに影響しません。

外にプラプラさせておいてもジャマじゃないですし、ナカに差したまま一緒に挿入しても、「何かグニグニするなぁ」くらいで、思ったほど存在を感じませんでした。

まぁ、手フェチ・指フェチだと挿入中のビジュアルにちょっと萌えるかもしれませんが、個性的な見た目に反して性能は“ほぼ空気”なので、ここはもうちょっと工夫してもよかった気がしますね。

総じて本作は…インパクト抜群のパケ絵と造型にワクワクするも、中身は驚くほど平凡なヒダ加工のオナホールです。

快感レベルはとても高く、クセのない特性で万人向けではありますが、最初に受ける個性的なイメージとのギャップに少々戸惑う人はいるかもしれません。

ちょっと割高に思える値段も、重量と性能を考えれば納得できるレベル。

とくに「すごまんシリーズ」を気に入っていた方は、シリーズの新たな扉を開いた本作を応援する意味でも、ぜひ試してみてください。








■すごまん娘








0
タイトルとURLをコピーしました