鎧乙女 オトメイル  鎧のごとく硬質なアウターが快適すぎる!

オナホール




■鎧乙女 オトメイル









鎧のごとく硬質なアウターが快適すぎる!
甲乙付けがたい三者三様の刺激特性も見事


鎧を纏った乙女のオナホ…誰がいったか“オトメイル”。

maccos japanからリリースされた、鎧のような超硬質アウターが特長の2層式オナホールです。
バリエーションは3種類。

それぞれ外観から内部構造まで違っており、それぞれの個性が光ります。

アウターが硬めの2層式オナホなんて過去にもたくさんありましたが、本作はまさに鎧のごとき硬さ。

伸縮性はほとんどなく、オナホというよりは日常生活に溢れる、何かのゴム片に近い感触が新しいんです。

TPR系の樹脂素材なのに、カップホールの外殻くらいカッチカチなため、当然油分もゼロレベル。

オナホ特有のニオイやベタ付きをほとんど感じることなく、終始快適に扱えるのが、とても素晴らしいですね。

一方、インナー素材はガラッと特性が変わり、適度なモチモチ&プリプリ感を備えています。

オナホ全体で相対的に見ると、わりとスタンダードな硬度なのですが、“乙女の柔肌”という表現がしっくりくるほどにソフティで、こちらも柔らかいわりに不快な油分を感じさせないのがお見事。

アウターもインナーも役割を極めて明確にしつつ、お互いにマイナス影響を一切生じさせていないのは巧みなバランス調整といえ、メーカー自らが“革命技術”と謳うのも、納得できる気がしました。

穴は3タイプともほぼストレート。

「望月千代女」だけはスパイラルに近いものの、内径が広めでシッカリ空気を抜けば、強烈なバキュームで吸い付いてくる特性も3種共通です。

アウターが硬質なのでグリップしやすく、同時にストロークも快適。

ハードすぎて手繰りよせできないのはマイナスですが、適度な挿入長とバキュームで密着してくるおかげで、ほとんど気になりませんでした。

つぎに各バリエーションの内部構造と快感性能についてですが、これはタイプ別に表記した方がわかりやすいと思うので、下記にまとめました。

もちろん、今回も玄人スタッフがすべてガチでモニタリングしていますので、選ぶ際の参考にしてくださいね。

総評として本作は、一見するとピーキーな硬度比を採用しながらも、抜群の快適性と使い勝手を備え、快感パフォーマンスにおいても、ヌキに特化したハード寄りの射精力を有する、めちゃくちゃ優良なモデルです。

しかも、これだけの性能とサイズにも関わらず、価格は2000円代ですからコスパもトップクラス。マッコスの面目躍如といったところでしょう。

ただ…今やどのオナホもパッケージで派手に訴求し、魅力的で気持ちよさそうに見せてくるので、正直どれがいいのかサッパリわからず、本作もそうした“その他大勢”のオナホ群に埋もれてしまいがち。

だからこそ、NLSのような詳細レビューでちゃんと掘り起こしていかないと、本来なら売れるはずの商品が売れない事態に陥ってしまいかねませんから、改めてこの仕事の責任の重さを感じるのでした…。

なお、本作においてはユーザー評価も気になるところで、それ次第ではさらなる進化版が出てくる可能性も大いにありそう。

できれば次作は、内壁にゲル状の粘膜素材を用いた3層構造にして、もっと有機的なネットリとした絡みつきを味わわせてくれたら、全バリエーション買い占めちゃうかもしれません(笑)



===============
各バリエーションの特長と評価
===============



■巴御前
テクスチャーはイボ・ヒダ混合ですが、ほぼヒダ中心。
前半部分のカサ高な5連ヒダが、プリプリと捲れ上がるような動きを見せつつ、つづくタテヒダもわかりやすく擦れます。
比較的高低差があり、突起ひとつひとつの攻撃力が高い反面、シンプルな序盤エリアには、ちょっとした単調さも含んでいます。
が、力強いバキュームを感じながら中央のタテヒダゾーンに差し掛かると、またガラッと快感が変化。
最奥のイボドームに至るまで退屈させることなく、さまざまなステージの彩りを楽しめるのが魅力です。


■ジャンヌ・ダルク
「ゴシック式イボ構造」と名付けられた、わりとランダム性のあるイボ壁です。
そのため疑似ヒダ感が薄く、ペニスに纏わり付くような造型ではないため、不定形なツブツブで壺洗いされるような印象を受けます。
人工的なヒダがないぶん、有機的でリアルな特性を期待しましたが、残念ながら本物の膣とはほど遠く、適度に崩れる大小イボの複雑なミックス刺激が前面にくるだけでした。
ほかに比べて、なぜかバキューム力も低いので、絡みつきや密着感に関しても若干の物足りなさを覚えるものの、プツプツした独特の感触はイボ派を十分満足させる味わいといえるでしょう。


■望月千代女
もう“見たまんま”の、わかりやすーい構造と刺激特性。
程よい弾力を備えたインナー素材のおかげで、表面に刻まれたヒダのジョリジョリも明瞭ですし、奥へと渦巻く内壁に吸い込まれる感覚に心地よさすら覚えます。
このスパイラル状のヒダ加工は、ペニスにシッカリと絡み付きながら、カリなどの敏感ポイントも重点的に摩擦。
ゾゾゾッとタテ方向になぞるような誘導も発生し、それらすべての快感が複合して襲ってくるのも特長です。
さらに強バキュームによる密着感は、こうしたハイレベルな快感の土台としても影響しており、「巴御前」と並んで単純刺激の強い、射精力に秀でたモデルに位置づけられます。








■鎧乙女 オトメイル








0
タイトルとURLをコピーしました