アンサンブル  イボ&ヒダの絶妙なアンサンブルが効く!

オナホール




■アンサンブル









硬質素材と10連リングの濃厚すぎる快感
イボ&ヒダの絶妙なアンサンブルが効く!


Nana -ナナ-」で新たなファン層を掴んだMATE(メイト)から、類似する連続ヒダを特長としたニューモデルが出現。

「7のつぎは10だ!」といわんばかりに、今度は怒濤の10連イボヒダで勝負してきました。

ちょっと長めのボディは挿入口からイボとリングが見え隠れしていて、リアルじゃないのに、なぜか膣口のような有機的な卑猥さが漂います。

指で広げるとイボ付きリングなど、多彩な4種のヒダが連なっており、見るからに気持ちよさそう…。

おそらく、「Nana -ナナ-」やRIDEの「CQX」など、連続ヒダ系のオナホ経験者なら、高確率で食指が動くでしょう。

ピンク色なので相変わらずの“おなぺっと素材”かと思いきや、本作にその表記は一切なく、実際に触ってみても“おなぺっと素材”よりほんの少し硬めな印象。

ニオイや手に残る油分の感じはかなり近いものの、あのわらび餅のようなネットリ柔らかな感触は薄れており、同時にプリッとした弾力豊かな仕上がりになっています。

ストレート穴の中は、前述したように4タイプのイボヒダが10個も連なっているのですが、これがまたヒダと表現するにはあまりにも重厚…。

本作の内部構造は「Nana -ナナ-」や「処女膜無双 KUROGANE」、またはマジックアイズの「ろりんこシリーズ」のようなリング状の遮蔽物に近いため、挿入時はヒダ摩擦というよりもハッキリとした貫く感覚です。

“ボクおな系”よりも1~2段階は硬質な素材のため、擦れた時のブリッとした抵抗感が強く、同時に反発作用によって通過時にはキュッと吸い付くようにリングがカリ首にフィット。

さらにそれが連続するなか、リング手前に施されたイボが触れるたびに亀頭を鋭敏に刺激し、これら2つのコンビネーションによって、グングンと射精感が高まっていく、予想通りのハード系オナホールでした。

ただ…快感性能は十分すぎるほど高いものの、非常に明快で複雑さのない刺激特性のため、使用中に飽きがくるコトはなくとも、恒久的なレギュラー枠をゲットするには、いささか役不足な印象。

まぁ、「Nana -ナナ-」よりも着実にパワーアップしているのは確かですし、射精力を考えればコスパも最上級なので、CQ系や連続ヒダ系がお好きな方なら、気に入っていただける可能性は高いかと思いますよ。








■アンサンブル








0
タイトルとURLをコピーしました