ぷにばーじん RIDE  モチモチ絡むイボやタテヒダが気持ちいい

オナホール




■ぷにばーじん RIDE









バンジータッチでよりRIDEらしく変化!
モチモチ絡むイボやタテヒダが気持ちいい



ぷにばーじん HARD」につづく
GプロジェクトとRIDE JAPANのコラボホール第2弾。

ノーマルからハード版への流れは、RIDEがよくやる手法ですが
その逆パターンをまさかコラボでやるとは思わず、ちょっと衝撃でした。

そもそも本作…コラボとは名ばかりの完全なOEM製品ですし
ただの硬度違いなら、もうちょっとユーザーにわかりやすく訴求して欲しいところ。

こういう誤解を与えるようなセールスは
間違いなく顧客に不信感を植え付けてしまうので、避けるべきでしょう。

また、ここ最近のGプロは、オナホに限らず自社で開発・ものづくりをしない
他力本願なスタンスがとても目立っています。

それでも、それがユーザーや市場にメリットをもたらしてくれればいいのですが
当然そんなプラス要素など微塵もないので、今のメーカー姿勢にはどうにも疑問を感じてしまいますね…。

ただし、それもこれもオナホさん自身に罪はありません。

「ぷにばーじん HARD」が硬すぎると感じていた方はもちろん
本シリーズが初見の方にも、選択肢として有力であることは確かですから
まずはその純粋なオナホとしての品質・性能をチェックしていきましょう。

素材はRIDE製オナホの中で、もっともスタンダードな位置づけであるバンジータッチ。

が、いつもの純粋なバンジータッチの素材感とは違い
ほんの少し油っぽさが強く、ニオイも別モノに感じられます。

でも、この感想について、ほかのスタッフに同意を求めたところ
「自分には違いがわからない」といわれてしまったので
もしかしたら先入観からくる気のせいかもしれません…。

内部構造は「ぷにばーじん HARD」とまったく同じです。

前半の巨大イボと中盤の“六重螺旋”、さらには終盤の子宮口が3大ギミックで
“HARD”同様、全体を通じてのバランスはいい感じ。

しかし、素材が柔らかくなったことで、子宮口の侵入感が薄れ、締め付けも弱くなった印象。

巨大イボ表面のツブツブ加工や、“六重螺旋”のタテヒダ間にある繊細なV溝も
ペニスではほとんど知覚できなくなりました。

この変化をよくいえば“マイルドな一体感が増した”とも表現できますが
硬度と締め付けはやや緩めで、刺激レベルはまったり寄りになっています。

快感ポイントも手前のイボに刻まれたヒダと、タテヒダの筋張った摩擦感に集約されており
あまり多彩に変化するわけでもないので飽きがきやすく、今ひとつ物足りないように思えました。

オナホールというものは、素材が変わればその快感特性は(よくも悪くも)ガラッと一変します。

本作においても柔軟化によりマイルドな味付けとなり
“HARD”とはまったく別モノに仕上がっているため、商品としては成立しています。

ただ…“HARD”でも触れましたが、やっぱりこの商法はユーザー側にほとんどメリットがなく
余計な中間マージンが掛かっているだけなので、割高感が拭えません。

ぷにばーじん HARD」を気に入りつつも
「もう少し柔らかければなぁ…」と切望していた“ピンポイントな人”でもない限り
コスパ・性能的にもオススメしづらいので、どうしても気になった方だけどうぞ。








■ぷにばーじん RIDE








0
タイトルとURLをコピーしました