ちょっぴりエッチに癒されたい  お疲れ気味の方にちょっとエッチな癒し系

その他



■ちょっぴりエッチに癒されたい







ついニギニギしたくなる心地よい弾力感!
お疲れ気味の方にちょっとエッチな癒し系


モチッ、グニャッ、ムニッといった感触が気持ちよすぎて、テレビを観ながら、電話をしながら、いつも気がついたらついニギニギしちゃっている“ストレス解消アイテム”スクイーズ。

雑貨店に行けばどこもけっこうな売り場スペースを占有していて、2017年の春には東京・原宿にスクイーズの専門店もオープン。

今でも週末の来店には予約が必要なほど盛況しているのだとか。

念のため、スクイーズを触ったことのない方にザックリご説明すると、“とくに実用性はない、ニギニギするだけのオモチャ”です。

その感触を例えるなら“ちょっと硬めの求肥”という感じ。

モデルによって仕様は異なりますが、本作の“松茸”と“ソーセージ”の中にはキネティックサンドのような砂粘土が詰まっており、ゴムっぽい表面素材と合わせて、独特の心地よい低反発性を生み出しています。

そんな流行りの癒やし系グッズであるスクイーズを、ウチでも扱いたい…。

そう思っていろいろ探した中でNLSにピッタリだったのが、形状的に“アレ”を連想させるこの2つ。

ついでに同じ癒やし系というコトで、リサーチ途中に見つけたプニプニ可愛い“亀頭地蔵”もラインナップに加えちゃいました(笑)

「ついで」とはいったものの、この“亀頭地蔵”…よく見るとハンパなく可愛くないですか?

少なくともNLS内では女子ウケ抜群で、すでにデスク上に3体並べて飾っている女性スタッフもいるほど。

オナホと同じTPR素材なので、油っぽいうえに汚れやすいのですが、お祈りしているような手と小さなお目々が愛らしく、握ればムニュムニュと柔らかいので、思わずず~っとニギニギしていたくなるようです。

一方、お地蔵サンよりさらにアダルト要素が低い2種類のスクイーズは、自分で楽しむのはもちろん、女性へのプレゼントやパーティ&コンペの景品にもうってつけ。

なお、この2モデルに関しては、造型的にも“穴に挿れたくなる”方がいるでしょう。

一応、そういう使い方もできなくはありませんが、硬度がないので使用感は「フニャチンくん Sサイズ」や「CHOCOLATE LILY」に近く、けっこう人を選ぶかもしれません。

そもそも穴に挿れることなど想定していない雑貨ですし、“松茸”なんかは表面塗装が色落ちしやすいので、ご利用の際には必ずコンドームを被せるなど、安全には最大限の配慮をしてください。






■ちょっぴりエッチに癒されたい






0
タイトルとURLをコピーしました