ブラックコック  亀頭責めに特化したパワフル振動がヤバい

ローター




■ブラックコック









亀頭責めに特化したパワフル振動がヤバい
利便性とコスパにも優れたNLSの自信作



NLSが満を持して発売する、亀頭専用ローターです。

古くは「ブルーボーイ」、「ホワイトボーイ」から、最近の「ブラックロックシリーズ」に至るまで
亀頭責めを主軸とする男性用ローターの歴史は、本作によってひとつのピークを迎えることでしょう。

パックリとクチを開いたようなボディは、非常にシンプルな形状。

シリコン素材が全体をシームレスに包む一体成型のため
ウォータープルーフ性能までちゃんと備わっています。

一見すると「S級亀頭責め」や「Cockhead Twister (コックヘッドツイスター)」にも似ていますが
シリコンピックやローリング機構もなく、亀頭バイブ以外の要素は徹底排除。それだけ亀頭責めに特化しています。

電源はバッテリーを搭載したUSB充電仕様。乾電池式よりも電流ロスが少ないためパワー効率に優れ、ユーザビリティも上位。

それでいてシリコン素材で包まれているぶん、静音性も悪くないので
攻守ともにじつにバランスのよい、完成されたマシンといえるでしょう。

ただし…総合的によくできてはいるものの
やはりすべての要件を満たすのは難しく、いくつかのデメリットも内包しています。

そのひとつが亀頭ポケットの大きさ。

誰にでもマッチし、抜き差しがイージーな反面、内部にスキ間が生まれやすいので
亀頭サイズによっては振動が十分に伝わらないことも…。

これを解決するには「ぱっきんちょ」や「POCKET TENGA」などの
薄いオナホ素材を一枚噛ませて、ポケット内のスキ間を埋めてあげましょう。

また、取り回しやすさが長所の一体型ボディですが、ハンズフリーで使えないのが弱点。

ゴムキャップで固定する「ブラックロックシリーズ」が人気なのは
やはりこのハンズフリー要素が大きいかと思います。

NLSプライベートブランドのため、当然ながら設定価格はギリギリまで下げています。

ハイパワー&静音モーター、USB充電、生活防水仕様でこのお値段なら、まずまず費用対効果は優秀かと。

抜ける・抜けないは、人によって違いますので何ともいえませんが
これまで同類の亀頭責めローターでイケた方なら、まず問題ないはず。

逆に「激震! オナリズム」や「エレクトリックディープ」の振動刺激が合わなかった方は
スルーしておいた方が賢明かもしれません。











■ブラックコック








0
タイトルとURLをコピーしました