バイブレーティング プッシー&アスボール  お散歩プレイの新境地を開く無線ローター

ローター



■バイブレーティング プッシー&アスボール








お散歩プレイの新境地を開く無線ローター
前後で異なる刺激を堪能できるのが新鮮!



かつて、国内市場では“リモコン式ローターの代名詞”といわれるほど有名だった「飛っ子シリーズ」も、今や「飛っ子アクセス」を残すのみまでに衰退してしまい、代わりに現在台頭しているのが「ネモシリーズ」です。

無線タイプのローターは、用途・目的が限定されているせいか進化しにくい傾向にありましたが、「ネモシリーズ」はそうした壁をぶち破って、「ネモ J」などのさまざまなニュータイプを生み出してきました。

しかし…こうした進化の潮流を、いちメーカーだけに頼るのは大変なこと。

そのため、NLSではフォローの意味も込めて、個性的なモデルを見つけては、ちょいちょい海外からも仕入れていました。

本作はそんな“インポート飛っ子”のひとつで、GoGasmという欧州メーカーが手掛けた、珍しい2穴挿入タイプの無線ローターです。

大小2つのタマゴがシリコンロープで繋がったフォルムは、一見すると膣ボールのよう。

実際、小さいタマゴの中には硬質な球が入っていて、本体が動くたびにコロコロと中で暴れ回ります。

一方、大きい側にはモーターが仕込まれており、これがリモコンで操作できる仕様。

ローター振動は3段階+4リズムの7パターンで、パワー&静音性ともにまずまずの標準的な性能です。

どちらのタマゴも存在感ありますが、全部挿れてしまえば入口の負荷は少なく、2穴同時使用なら抜け落ちる心配もまずありません。

もちろん、大小タマゴのどっちをヴァギナに挿れるかも自由。

ただ、本作はこうした2穴挿入が前提のため、やはり女性専用です。

男性ユーザーには合わないので、おとなしく他のモデルを選びましょう。

本体は便利なUSB充電式で、生活防水仕様のため、ユーティリティ面もバッチリです。

リモコンが入手しにくい12V電池でしたが、これも消費電力が少なく長寿命ですから、それほど致命的ではない気がします。

挿入前提のローターサイズが大きく、アナルと同時使用する点を考えても、本作はけっこう上級者向けのモデルといえます。

とりわけ日本じゃ、アナルを嗜む女性はまだまだ少数派ではあるものの、一度その快感を覚えればハマる方も多いのが事実。

バイブやローターにそこそこ慣れている、パートナー女性のアナルを開発したい方にはピッタリかもしれません。

また、無線ローターを使ったお散歩プレイ好きのカップルが、さらなる激しい快感を求めてチョイスするのも悪くなさそう。

輸入モデルにしては価格もお手頃なので、コスパもまずまず良好かと思いました。








■バイブレーティング プッシー&アスボール






0
タイトルとURLをコピーしました