悶子の乳首ビンビン  ソフトピンチが全世界の乳首好きにマッチ

ローター




■悶子の乳首ビンビン









ソフトピンチが全世界の乳首好きにマッチ
6V仕様の鮮烈ローターに悶えまくれッ!



乳首をつまんで震わせる往年のアイテムが、カジュアルテイストになって新登場!

本作は「悶子の立ってられない イージー」でもお馴染み、フジ工芸の人気シリーズ最新モデルです。

クリップ付きの乳首ローターといえば、これまではギュッと強めに乳首を挟む、SMグッズ寄りの特性でした。

しかし、本作はバネ付きのごっつい見た目とは裏腹に、その挟力はめちゃくちゃソフト。

それもそのはず、このピンチ…その名を“ソフトつまみんちょ”といい、メーカーが何度も試作を重ねて設計し
激しい振動にも耐えうるクリップ力と、痛みのないやさしい装着感を両立させた、自慢のパーツなのです。

ソフト志向なので、陵辱や過激な責めプレイを目的とするSMマニアには向きませんが
逆に既存のクリップ式ローターでは痛くて楽しめなかった、ライトなユーザー層にはピッタリ。

上級者向けのイメージが強かったクリップ式の乳首ローターを、万人向けにアレンジしてくれたのは、とってもありがたいですね~♪

ボディ構成はローター内蔵の左右ピンチとコントローラーが有線でつながっています。

クリップ・モーター・電源が一体化したセパレートタイプに比べ、取り回しがちょっと煩わしいものの、そのぶん強力な振動性能を発揮。

イメージとしては小型のピンクローターにソフトクリップが付いた感じで
これまで振動ユニットを「粘着包帯」などで身体に貼り付けていた方にとっては、使い勝手が劇的によくなるんじゃないでしょうか。

パワーユニットは「LAST IMPACT(ラストインパクト)」などと同じ、単四電池4本の6V仕様です。

かなり強力な振動ですが、ピリピリ系の繊細な特性のため、場合によっては痛痒くなりそう…。

駆動音も甲高く大きめなので、静音性を重視するユーザーは避けた方が賢明かもしれません。

また、本作はコントローラーも一風変わっています。

ダイヤル式のスイッチなのですが、ゲームのジョイスティックか
ラジコンカーのステアリングホイールのように、左右に回しても自然と中央に戻ります。

慣れればスムーズに扱えるものの、ほかじゃ見たことない操作性に最初はちょっと戸惑うかも。

背面には謎のLEDランプもありますし、全体的に非常に珍しい、ユニークな仕様のアイテムといえますね。

ただ…乳首責めローターとしての実用性はなかなか高いうえ、パフォーマンスを考えれば価格も割安。

大きめのモーター音とピリピリ系の振動特性が大丈夫なら、ぜひぜひ前向きにご検討ください。








■悶子の乳首ビンビン








0
タイトルとURLをコピーしました