乳クリ悶もんエイト  乳首を根元から擦り上げる高トルク回転機構

ローター



■乳クリ悶もんエイト








乳首を根元から擦り上げる高トルク回転機構
プリプリのシリコンブラシは驚異の攻撃力!



2011年に「U.F.O.」が登場する5年ほど前から、数多くの乳首責めニーズを受け止めていた本作。

U.F.O.」の築いた新たなチクニー文化の土壌を耕したのは、間違いなくこの“乳クリ悶もん”の功績といえるでしょう。

その仕組みは、小さなカップに付いたポンプで乳首を吸引し、イソギンチャクのような柔らかい触手が回転することで、乳首に摩擦刺激を与えます。

当時はまだ、バイブレーション刺激がメインの乳首グッズばかりで、回転機構と吸引ポンプを組み合わせたこの構造は、かなり斬新でした。

ポンプで吸い上げるため、乳首と回転ブラシがより密着し、激しい摩擦力を生み出します。

ブラシ自体はソフトな素材感ですが、強いトルクで回転するため、快感刺激はけっこうハードな部類です。

敏感な方はローションを使用して摩擦抵抗を減らしたり、あえて吸引せずにサワサワ~っとした回転刺激を味わうなど、ユーザーたち自ら工夫を凝らしつつ、刺激バリエーションを楽しんでいるようです。

回転パターンは8種類。

左右交互に回転する動きがベースで、一度の回転数を変更することもできますが、正直…もう少し変化があってもよかったかも。

ちょっと動きが単調で、飽きやすそうな印象を受けました。

今やチクニーグッズも軒並み進化し、「U.F.O. SA」を筆頭に高性能化していますが、どんなジャンルにおいても、ある程度“グレードの選択ができる”ってのは、消費者にとって重要なこと。

回転摩擦による乳首刺激が未体験の方は、まずはベーシックグレードの本作から試してみて、自分に合うかどうかを判断してみるのも、悪くないんじゃないでしょうか。








■乳クリ悶もんエイト






0
タイトルとURLをコピーしました