Chu・Ru・Ru(ちゅるる)  想像を絶する脈動刺激が存分に味わえる!

ローター



■Chu・Ru・Ru(ちゅるる)








お試し感覚で吸引体験できる廉価モデル
想像を絶する脈動刺激が存分に味わえる


クリ吸引マシンの元祖である初代「Womanizer(ウーマナイザー)」が、衝撃的なNLSデビューを果たしたのが2015年7月のこと。

当時は約2.5万円もした超高級アイテムでしたが、5年以上の歳月を掛けて後続モデルや派生バージョンもぞくぞく登場してきました。

とりわけ「サティスファイヤシリーズ」が価格破壊を起こしてからというもの、“憧れのクリ吸引マシン”は“バリエーション豊かな新感覚ローター”として少しずつ大衆化。

今やみんなが気軽に利用できるアダルトグッズのひとつに認知されつつあり、これはもう…完全なるピンクローター化を果たしたといえるでしょう。

そんなクリ吸引マシンの中でも、底値レベルの廉価モデルが本作。

アウトビジョン系列のT-BESTというメーカーから発売された、脈動系の吸引機構を備えたコンパクトローターです。

同系列のPxPxP(ピー・ピー・ピー)ブランドから出ていた「CHUPA-CHUPA ゼンギローター7」も相当安かったですが、本作はさらに1000円近くも下がっていて、使い捨て仕様である「サティスファイヤ ワンナイトスタンド」と同じくらいの予算感。

当然、コストダウンの影響もゼロではなく、吸引ノズルが取り外せず、フィット感もイマイチだったり、非防水で洗えなかったりなど、全体的にチープな印象は拭えません。

しかし、それでもクリ吸引マシンとしての快感フィーリングを、十分味わえるだけの性能をキープしているのが素晴らしく、とくに軽くて小さいぶん取り回し性に優れているところは、本作の大きなアドバンテージ。

まぁ…価格が価格だけに、パワー不足や静音性の低さなどは少々気になるものの、想像だけじゃなかなか伝わらない“クリ吸引ならではの快感”を体験するエントリーモデルとしてはピッタリかと思いました。

本作をお試し版と捉えると、同価格帯の“ワンナイトスタンド”と悩む方も多いとは思いますが、使い捨てであるアチラとは似ているようでけっこう違いますので、各自シッカリ見比べて判断してくださいね。








■Chu・Ru・Ru(ちゅるる)






0
タイトルとURLをコピーしました