WAD Ray  会陰圧迫・振動を軸に多彩な快感が連鎖

ローター




■WAD Ray









会陰圧迫・振動を軸に多彩な快感が連鎖
かつてない深いオルガズムを体感しよう



RENDSの起ち上げた新ブランド、WAD(ワド)のファーストモデルです。

一見しただけじゃ何だかサッパリわからない外観ですが、じつはコレ…世にも珍しい“会陰振動コックリング”なんです。

従来、電動コックリングといえば、パートナーとの密着時にクリを刺激するような小型ローターを搭載したものでしたが、本作のバイブレーション機能は、装着者本人の会陰部を刺激するために存在します。

ここまで読んで、古くからのNLSユーザーならお気づきかもしれませんね。

そう…本作は以前NLSプライベートブランドで販売していた「カンガルーマン」にとてもよく似た特性です。

あれにハマった方なら、本作も間違いなく気に入るんじゃないでしょうか。

リング部分は、まるでペニスを羽交い締めにするかのような独特のフォルムが特長。

リングの中からさらにアームが伸びて竿を抱える“リングinリング”や、キャンタマの裏側から精管へインパクトを与える“陰嚢バンプ”という突起構造など、一般的なコックリングでは決して見られない、性感アップの仕掛けが随所に施されています。

本作を正しく装着すると、ペニスがグッと前に張り出して、下半身全体のボリュームがアップします。

同時に陰嚢ごと精管がストレッチされ、こんもり盛り上がったシッポのようなローター部が、広い面で会陰部を圧迫。

一般的なティアドロップ型リングよりも深い角度に設計されているため、その圧迫感はかなり強烈ですが、同時に本作はこの会陰部圧迫をベースに、ふつふつと湧き上がるような“オルガズム誘発”が楽しめるのを、一番のセールスポイントとしています。

実際、ひと度漲れば各所の膨張に伴って、フィット感と締め付けがアップし、相乗効果的に気持ちよさが加速。

さらにセックスやオナニーなど、装着者本人の動きや外部からの刺激にも繊細に反応しながら、より大きなオルガズムへと導いてくれることでしょう。

会陰ローターの振動パターンは5種類。

パワフルかつ静音なうえ、本体とリモコンの両方で操作が可能です。

ドライ誘発にも向いているアイテムだけに、快感に集中できるこのリモコン仕様は、やはり上級者ユーザーのニーズを的確に捉えているような気がしました。

また、表面を覆う素材は、食品グレードの高品質シリコン100%です。

シッカリとした弾性を備えながらも肌触りはやさしく、敏感な部位にも安心して使える特性ため、肌や粘膜が弱い男性でもまず大丈夫でしょう。

市場を見渡せば、ワインコイン以下でも買えるコックリングが多い中、本作の価格はかなりハイエンドです。

しかし…それは本作が“ただのコックリング”ではなく、非常に入念な計算の元に設計された、“コックリング型のドライ誘発アイテム”であるから。

装着のハードルこそやや高めながら、会陰部への圧迫・振動をはじめ、精管ストレッチや各所の締め付け性能は素晴らしく、何よりガシッと密着したときの一体感とホールド感は格別。

一般のコックリングを“ペニスの武装”とするならば、本作の装着感は“股間の義体化”という感じ。

とにかく異物感が少ないのに性能が底上げされている感覚で、これなら公安9課配属も夢じゃないかもしれません(笑)

正直、ビギナーにはちょっと手を出しにくい面もありますが、WET&DRY(ウェット・アンド・ドライ)を語源とするブランド名が示す通り、本作は男性のオルガズムを徹底研究して生まれています。

そうした上級者向けのメンズ性感アイテムとして考えれば、不明確な部分も少しは期待値に変わるんじゃないでしょうか。








■WAD Ray








0
タイトルとURLをコピーしました