MISS BI(ミス・ビー)  秀逸な圧迫&振動にクリ派・膣派も歓喜!

バイブレーター



■MISS BI(ミス・ビー)








秀逸な圧迫&振動にクリ派・膣派も歓喜
誰もがメロメロになる納得の快感性能!



数あるFUN FACTORYブランドの中でも没個性的な外観が災いし、NLSでは採用をスルーされていた不遇のバイブ。

しかし…じつはこれが巷でウワサになるほど評判がよく、女性ユーザーの間では、“隠れた逸品”としてジワジワと勢力を拡げていたのです。

見た感じは最近流行りの単なるデザインバイブで、ずんぐりむっくりとしたボディはいかにも“初心者向け”という印象。

スイングやピストン機構もない、ごくごくシンプルなモデルです。

振動機能のみのコンパクトなバイブなら、「MOMOTARO 2」や「ECSTICK(エクスティック)」など、もっと安くて手軽なモデルがあり、これだけ高額なブランド品になるとビギナー女性のニーズに合わない…と、NLSでは採用を見送っていました。

ところがコイツ…その外見からは想像もつかない凶悪な振動機能を秘めていて、スイッチを入れた途端、重く・低く・強力にブルブルと響き渡るバイブレーション特性は、まさに電マ。

そう…このマシンをひと言で表すなら、“エルゴノミックな挿入型電マ”という感じで、もうぜーんぜん初心者向けじゃなかったのであります!

非スイング型の代表格として長年愛されつづけている、いわゆる“オルガ系バイブ”は、ヘッドを大きくしてカギのように膣口に引っ掛けることで、クリバイブを密着させるのが特長。

対して本作は竿部が極太のため、挿入すれば膣内をみっちり圧迫するだけでなく、クリと竿のWローターによって、下半身全体に重低質な“芯に響くバイブレーション”をシッカリ伝えます。

膣派女性も満足させる挿入感がありつつも、短寸なところでクリとGスポに特化しており、奥まで挿れずとも楽しめるオールマイティな使用スタイルも大きな魅力。

「十中八九の女性がメロメロになる」…という巷のウワサは本当だったと認めざるを得ないほど完成度が高く、そのトータルバランスは採用を見送った担当者を深く反省させたほどです(笑)

また、見た目の長さでムダに恐怖感を与えがちな20cm級の長尺バイブとは違い、全長17cmというコンパクトなボディは、初心者女性の心理的ハードルを下げ、初めてでも受け入れがスムーズ。

本作はビギナーからベテランまで誰もが受け入れやすく、使用したほとんどの女性を深く満足させる快感性能を備えた、近年まれに見るほどよくできた傑作バイブといえるでしょう。

やや高額ながら、充電・静音・防水・良素材…と、ブランドモデルならではの品質と利便性を誇っていますので、予算に余裕のある方は、ぜひこの素晴らしさを体験してみてください。

きっと虜になりますよ♪








■MISS BI(ミス・ビー)






0
タイトルとURLをコピーしました