ヤバイブ! ディープタッチ  振動とスイングで深部まで刺激できる一本型

バイブレーター




■ヤバイブ! ディープタッチ









振動とスイングで深部まで刺激できる一本型
膣壁に張り付くふわモチ素材がヤバすぎる!



「床オナ式名器シリーズ」でお馴染みのピーチトイズから、やさしい質感と長尺ストレートフォルムが特長の、“やばいバイブ”が登場しました。

ボディ表面には無数のイボが散りばめられ、一見すると非常にグロテスクな攻撃型バイブという印象。

ところが、この白い表皮はふわトロ系オナホのような柔軟素材で、触れるとモチモチした癒やし系の感触なんです。

外見のグロさを素材感が打ち消すことで、アンバランスな特性に仕上がっており、こうしたギャップも本作の魅力のひとつといえるでしょう。

本作の開発は、「ヤバいくらい奥イキしてみたい」というユーザーの声がキッカケだったらしく、そのため膣奥まで突ける仕様を重視。

あえてクリバイブを廃してポルチオまで届く挿入長を確保し、先端には小さめの突起を付けることで、奥をツンツンしやすくしています。

動作機構は竿のスイングとヘッド振動。

スイングは単方向のみのシンプルなもので、トルクはそれほど太くないものの、中芯を曲げればある程度スイング幅を自在に調整できます。

振動も強弱4段階のみのベーシックなタイプ。

ややピリピリとした振動特性のうえ、素材が柔らかいせいか伝達効率も今イチ…。

おそらく、弱~中レベルだとほとんど意味を成さないでしょう。

ただ…強レベル以上にすると快感値は実用域に達するものの、今度は駆動音が大きくなり、キーンとした異音まで聞こえてくる始末。

本作の振動機能に関しては、オマケ程度に捉えていた方がよさそうです。

その代わりといっちゃなんですが、やはり本作はこのモチモチ素材がもたらす、ネッチョリした摩擦感が何よりの美点かと思います。

清潔感のある柔らかな白竿をゆっくり挿入すると、表面に施された細かなイボ加工が膣口をプツプツと擦るように刺激。

ナカに入れば膣壁に張り付きながら伸縮し、心地よい圧迫感を与えてくれます。

そのままスイングをONすれば、グイングインと掻き乱されるような快感が押し寄せますし、手でピストン運動を加えれば、素材の摩擦係数がアップして、また質の違った気持ちよさが味わえます。

全体的に「白い巨根」の「ソフトバイブ編」によく似た仕様ですが、新しいだけあって素材品質は本作の方が上位。

けっしてイコールではありませんが、こういう柔らかな一本型バイブの素材感・挿入感に関しては、あちらのクチコミもある程度参考になるので、チェックしてみてください。

なお、この粘膜にやさしいマイルドな素材特性は、まったりロングプレイを楽しむのにも適しています。

まだこの系統をお持ちでないバイブコレクターは、この機会に一本、常備してみてはいかがでしょうか。








■ヤバイブ! ディープタッチ








0
タイトルとURLをコピーしました